ホームレスがなかなか口に出せない家族事情

ふとしたことで意外と簡単に壊れて戻らない

ホームレス生活をしている人々の家族はどうしているのだろうか?(筆者撮影)
ホームレス。いわゆる路上生活をしている人たちを指す言葉だ。貧富の格差が広がる先進国において、最貧困層と言ってもいい。厚生労働省の調査によると日本のホームレスは年々減少傾向にあるものの、2018年1月時点で4977人(うち女性は177人)もいる。そんなホームレスたちがなぜ路上生活をするようになったのか。その胸の内には何があるのか。ホームレスを長年取材してきた筆者がルポでその実態に迫る連載の第11回。

感情的な反応が多いのは、過去や家族の話

ホームレスの人への取材は基本的に出たとこ勝負である。彼らが生活する場所に出向いて話しかける。もちろん、けんもほろろに断られることもあるが、いぶかしみながらも話をしてくれる人も多い。空き缶集めのこと、炊き出しのこと、など最近の出来事は聞きやすい。前職や若い時分の話など過去に話題が及ぶと、話したがらない人も多くなる。

そしてやはりいちばん聞きづらいのは家族の話だ。家族の話題になると、急に黙ってしまったり、怒ってしまったりする人もいる。

この連載の一覧はこちら

それでも話をしてくれる人もいたが、もう何年も会っていない人が多かった。

野宿生活をしている人は高齢の人が多いので、すでに両親は亡くなっている場合が大半のはずだが、ずっと会っていないので、

「亡くなったかどうかもわからない」

という人も多かった。

次ページ高田馬場で聞いた50代男性の家族の話
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT