ホームレスがなかなか口に出せない家族事情

ふとしたことで意外と簡単に壊れて戻らない

ホームレスになる前に、「妻や子供を捨てた」ことをとても悔やんでいる人はとても、たくさんいた。多くの人は、

「妻や子供には恨まれていると思う」

と、とても深刻な面持ちで語っていた。

ただ逆にホームレス生活になった後も、いまだに交流があると語る人も意外といて驚いた。

2013年頃、代々木公園のコンクリート製の東屋で生活していた男性(50代)に出会った。

髪もヒゲもぼうぼうに伸ばしっぱなしで、ちょっと怖い雰囲気があったのだが、話してみるとすごく楽しく会話ができる人だった。

「もともとは製薬会社のMR(医薬情報担当者)だったんだよ。MRって言えばかっこいいけど、“病院の奴隷”だからね。病院に薬買ってもらわなきゃ、製薬会社は潰れちゃうからね」

ホームレスのきっかけは逮捕

彼が働いていた時代はちょうど、バブル景気の頃だった。

「毎日のように、医者を飲みに連れて行っていたよ。酒飲ませて、女抱かせて、金握らせて……。とにかく景気がよかったからね。当時は麻雀をよくやったけど、段ボールに適当に万札放り込んでたもんな。たぶん3000万円くらいあったんじゃないかな?」

と彼は遠い目で語った。彼は現在、アルミの空き缶を集めて換金して生活していたが、一日の平均収入は3000円だという。

彼がホームレスになったきっかけは、ずばり逮捕されたからだ。

「医師法違反と薬事法違反でガッツリ逮捕された。執行猶予4年で、会社はクビ。それで家を離れてホームレスになった」

彼が逮捕された時には、結婚していて子供もいた。妻と子供を捨ててホームレスになったわけだが、それでも家族と縁は切れていないという。

元MRの男性が住む代々木公園。休日には多くの人が訪れる(筆者撮影)

「子供はたまに遊びに来るよ、差し入れ持って。子供って言っても、もう30歳を超えているけどね。嫁は来ないよ。いつも弁当とか差し入れ持ってくるんだけど『食い物じゃなくて、現金持ってこい!!』って追い返してるよ(笑)」

と楽しげに語った。もうそれならば、家に帰ったらいいと思うのだが、そういうわけにはいかないという。

「俺が家に帰ると借金取りが家に来ちゃうかもしれないから、ダメなのよ。まあそのうちほとぼりが冷めたら帰るかもしれないけど」

次ページ「バブル景気また来ないかな~」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。