ホームレスがなかなか口に出せない家族事情

ふとしたことで意外と簡単に壊れて戻らない

2005年頃、上野公園で炊き出しに並ぶ50代の男性に話を聞いた。

「父親はプライドが高い人で、何を言っても聞いてくれない人だった。進路も自分の自由には選べなかった。何をやっても怒られてばかりだった。20代で家を飛び出してそれ以来帰っていない。今、自分がホームレスになっているのは、父親のせいだと思う」

彼は、とてもつらそうに語った。

彼の語る話はもう30年以上前の出来事で、父親ともずっと会っていないのだが、それでも父親を許せないのだという。

毎日のように父親に対する怒りで震えるという。彼との会話には節々で、

「殺したい」

「死にたい」

などの発言があった。ずっと思いつめた表情をしていたので、もし余裕ができたならば、精神科などで治療したほうがいい状態かもしれないと思った。

“パラサイト・シングル”からホームレスへ

ずっと働かずに親の庇護の下に暮らしていたが、親が亡くなってしまって、家賃を滞納して払えずにホームレスになったという人もいた。多摩川で暮らしていた男性(50代)は42歳まで家で過ごしてきたという。

働くのが嫌いで42歳まで家にいたという多摩川の男性。その生い立ちのせいかガツガツしたところがあまりなく、表情もやわらかい(筆者撮影)

「働くの嫌でずっと家で暮らしてた。たまに知り合いの魚屋で働いたけど、稼いだ金は自分のために使ってたね。まあクズだって自分でもわかってるよ」

彼はホームレスになった後も働いていないそうだ。たまにお金をくれる人や、食べ物をくれる人がいて、それで食いつないでいるという。お金も食べ物もない時はひたすら我慢するという。

「俺は生きることに図々しくないから、そういう時は我慢するよ。もうとっとと死にたいよ。早くお迎えこないかあ」

と笑いながらうそぶいた。

学校を卒業した後も親と同居し、親に依存して生活する、いわゆる“パラサイト・シングル”。古くて新しい問題だが、昨今は「引きこもり」というキーワードで論じられてもいる。

親が先に亡くなってしまった場合、生活を保つことができずホームレスになる人も現れている。これからも増加していくことは目に見えているので、国や自治体は対策していかなければならないだろう。

次ページ家族といまだ交流がある人も意外といた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。