ホームレスがなかなか口に出せない家族事情

ふとしたことで意外と簡単に壊れて戻らない

彼はタバコに火をつけると、

「あ~あ、バブル景気また来ないかな~」

と笑いながら言い放った。

今、バブル景気がやってきても、ホームレス生活をしている彼が恩恵を被ることはないと思う。ただやはり彼の記憶の中では、バブル時代の思い出はキラキラと輝かしいのだろう。

このように家族が差し入れに来ると語る、ホームレスはたまにいた。

長野に家がある70代の男性もなぜかこの場所に住み続けていた(筆者撮影)

2009年頃、上野公園で生活する70代の男性は

「家がある長野県から娘がしょっちゅう会いに来るよ。『もうそろそろ戻っておいでよ』って言われるんだけどね。俺はここでの生活が気に入っているからね。帰りたくないんだよ」

と語っていた。最初は「ウソか妄想じゃないかな?」と思ったが、どうやら本当の話らしかった。

正直、なぜ帰らないのかさっぱりわからなかったが、そのおじいさんはその後もしばらく上野公園で暮らしていた。

訳あって夫婦でホームレス生活をする人も

野宿生活をする人の多くは、一人暮らしをしているが、中には夫婦で生活する人もいる。ただ、やはり圧倒的に数は少ないし、一旦ホームレス生活に至ってもすぐに家を借りてアパート暮らしに戻る人が多い。

以前多摩川の河川敷に建てたテントで、夫婦で暮らしている人がいた。

奥さんはまだ30代前半と若かった。いろいろあって住む家を失ってしまったのはわかるが、普通は生活保護を受給しアパートを見つけて生活を続ける場合が多い。なぜ、そうしなかったのか伺うと、

「犬がいるからね。生活保護で手に入れる部屋は犬を飼える部屋がほとんどないのね。保健所で殺処分しろって言う人もいたけど、家族だからそんなことはできなくて……」

と語った。

確かに彼女は白い犬を連れていた。

動物を手放したくなくてホームレス生活を始める人には何人か会った。

他に手段はなかったのか?とは思うが、ただとても優しい選択だと思う。

次ページ新たに家族を作った人も!?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。