ホームレスがなかなか口に出せない家族事情

ふとしたことで意外と簡単に壊れて戻らない

ホームレスになってから、新たに家族を作った人もいた。

2015年、多摩川で30平方メートルはありそうな大きな小屋に住む男性(60代)にお話を伺った。

彼はホームレス生活をしているが、空き缶集めなどはせず、工場で働いていた。

「働いていた会社が潰れて、日雇いの仕事に移行したんだね。そうすると、月収10万円弱の収入になってしまった。年齢的にそれ以上の収入を得るのは難しそうだった。だからその時に住んでいた家を捨てて、ここに家を建てたんだ」

日雇いの収入では、家賃を払い続けるのは大変だという判断だった。

仕事と趣味を持ち、内縁の妻と幸せそうに暮らす

多摩川の小屋にはもちろん家賃はかからない。水道もくみに行く手間はかかるが無料だ。電気は発電機で何とかなるがクーラーをつける余裕はない。

ただ、だからと言って、違法性があり、いつ強制退去させられるかわからないホームレス生活を選ぶ人は多くはない。

彼は、ホームレス生活をするようになってから、同棲する相手ができたという。

電気は小屋の外に設置した発電機で賄う。小屋の前には野菜を栽培する畑も(筆者撮影)

「3~4年前に知り合った婆さんと一緒に住んでるんだ。まあ女房だね。もちろん正式に結婚はしてないけど。うちの女房は道楽がねえから毎日、銭湯に行ってるんだ。風呂屋だって安くないのにな。風呂屋の客みんなと仲良くなっちゃって参っちゃうよ」

とお酒をチビチビ飲みながらつぶやいた。

彼の趣味は小屋の前に作った畑で野菜を栽培することだという。

口では妻への文句を言っているのだが、その様子はとても幸せそうだった。

確かに月収十数万円の収入で奥さんと2人で暮らすのは難しかっただろう。

ただそれでも、河川敷で生活する以外にないのか、と疑問は残った。

ホームレスの人たちにインタビューしていると、

「実家があってそこでは自分を待っているはず」

「離婚した女房とまた寄りを戻す予定だ」

などの話を聞くことがある。もちろん本当に帰る家がある人もいると思うが、ただ、多くの故郷はもうすでに失われていると思う。

次ページ年下男性と一緒に公園で生活する女性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。