ホームレスの住居事情は一体どうなっているか

安心して眠る場所を確保するのに苦労がある

渋谷駅の近くにある渋谷区立宮下公園にも、かつてはたくさんの小屋が建てられていた。スポーツ用品メーカーが命名権を取得して、公園の改修費用を全額負担することが決まった。そこで、公園内に住むホームレスは立ち退きさせられることになったのだ。

この段階で市民団体などが「立ち退き反対」の運動を始めた。テレビニュースでも大きく報道されたため、覚えている人も多いだろう。

公園内から立ち退きにはなったものの、代わりに公園の隣にある自動二輪の駐車場の近くの空きスペースに小屋を建てて、そこへ引っ越すようにお願いをした。

小屋は、渋谷区が建てたといわれている。区がホームレスの小屋を建てるケースはとても珍しい。

統一した規格の小屋が並び、そこには長らく住人が居住していた。その中の一軒に住んでいる40代の男性に話を聞いた。

渋谷の自動二輪の駐車場(筆者撮影)

「バイク駐車場を利用してる人に『一等地に住んでていいね』なんてイヤミを言われることはありますね。『アルミ缶泥棒!!』って怒鳴られることもあります。でも超一等地にタダで住んでるのは確かですから。多少怒られるのは仕方ないなと思っています」

と語った。どのような状況だったとしても、暴力を振るうのはよくない。

2011年に小屋は建てられて、長らく運用されていたが、先日ついに取り壊されてしまった。

現在、公園内に小屋やテントを建てて野宿をするのは、ごく限られた場所を除いて、かなり難しくなっている。

河川敷に小屋

公園に住んでいた多くのホームレスは、生活保護を受けて福祉マンションに移り住んだ。福祉マンションに住むハードルは昔に比べてずいぶん下がった。

ただ、それでも野宿生活を続ける人もいる。現在小屋を建てて生活している人が最も多いのは、河川敷だ。多摩川、荒川、淀川などには現在も大きな小屋が建っている。

高床式の河川敷の小屋(筆者撮影)

場所によっては密集して建てられ、『村』のような状態になっている。

河川敷は土地に余裕があるため、かなり立派な小屋が多い。もはや、小屋と言うより、一軒家というレベルの住居もある。

河川敷の小屋の多くは、床が地面から浮いていた。つまり高床式になっている。これは、河川敷沿いは増水の際には水が上がってくるため、高床にしているそうだ。かなりの技術が必要なことは、素人でもわかる。

次ページ中でもかなり立派な建物に住んでいる男性は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT