MBA留学に向いている人・不向きな人

インシアード留学のススメ

フランスのINSEADにて、入学当初、突如、グローバル・エリート・ダンスを披露したグローバルエリート

さて、たまには母校の宣伝でもくらわせようか、ということで、本日はMBA留学のススメを一発、投下したいと思う。私の長い長い人生を振り返って、最高の決断のひとつは間違いなくINSEADに行ったことだろう。

学校の詳しくはウィキペディアに出ているのでご参照いただくとして、なんといっても80カ国以上から優秀なビジネスパーソンが集まり、1年間みっちり一緒に勉強(……というか、パーティ)するというのは、わが人生を振り返っても驚きの経験であった。

今回のコラムでは、今更ながら私のMBA留学の実際の感想および、MBA留学が向いている人、向いていない人について、ぶつぶつ一席ぶたせていただこうと思う。

MBA留学の筆記試験(GMAT、TOEFL)はよくできている

さて、MBAに行くとなるとなかなか準備が大変で、怠け放題だった学部時代のGPA(成績)を挽回するためGMATで700とって、TOEFLで110くらいとって……とやるために、今更ながら受験勉強をするわけだが、これらの筆記テストがまたよくできている。

GMATはコンピュータベースの数的・言語的論理力を試す試験なのだが、最初の数問の正答率次第でその後の質問のレベルが決められる。これは人の第一印象と同じで、最初、何回か会って印象が駄目だった人は、なかなか印象を変えるのが難しいのと同じイメージである。

次ページ不合格と勘違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT