MBA留学に向いている人・不向きな人

インシアード留学のススメ

フランスのINSEADにて、入学当初、突如、グローバル・エリート・ダンスを披露したグローバルエリート

さて、たまには母校の宣伝でもくらわせようか、ということで、本日はMBA留学のススメを一発、投下したいと思う。私の長い長い人生を振り返って、最高の決断のひとつは間違いなくINSEADに行ったことだろう。

学校の詳しくはウィキペディアに出ているのでご参照いただくとして、なんといっても80カ国以上から優秀なビジネスパーソンが集まり、1年間みっちり一緒に勉強(……というか、パーティ)するというのは、わが人生を振り返っても驚きの経験であった。

今回のコラムでは、今更ながら私のMBA留学の実際の感想および、MBA留学が向いている人、向いていない人について、ぶつぶつ一席ぶたせていただこうと思う。

MBA留学の筆記試験(GMAT、TOEFL)はよくできている

さて、MBAに行くとなるとなかなか準備が大変で、怠け放題だった学部時代のGPA(成績)を挽回するためGMATで700とって、TOEFLで110くらいとって……とやるために、今更ながら受験勉強をするわけだが、これらの筆記テストがまたよくできている。

GMATはコンピュータベースの数的・言語的論理力を試す試験なのだが、最初の数問の正答率次第でその後の質問のレベルが決められる。これは人の第一印象と同じで、最初、何回か会って印象が駄目だった人は、なかなか印象を変えるのが難しいのと同じイメージである。

次ページ不合格と勘違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT