「料理の段取り」がプログラミングに役立つ理由

「怠け者の欲求」がアルゴリズムを発展させた

アルゴリズムやプログラミングと聞くと難しそうに感じますが、皆、意識・無意識のうちに使っているのです(写真:Fast&Slow/PIXTA)
2020年にプログラミング教育が小学校で必修化され、ビジネスの世界でも、プログラミングが一大ブームである。コンピューター・プログラムを動かす原理は、「一連の処理手順=アルゴリズム」である。
そんななか、マサチューセッツ工科大学、アップルなど、ITの最前線で活躍してきた若きエンジニアが、文科系でもわかるよう、アルゴリズムの考え方を日々の身近な事例を用いて平易に解説するというユニークな本を刊行し、話題となっている。この春、日本で『爆速!アルゴリズム』というタイトルで翻訳出版された。
今回は、社会人の初心者向けにプログラミング教室を運営し、『爆速!アルゴリズム』を監訳・解説した高橋与志氏に、同書とは異なる角度からアルゴリズムの初歩を解説してもらった。アルゴリズムは、私たちの生活や仕事にも役立つ思考法であることがおわかりいただけるだろう。

プログラミングが気になる

「これからは小学生だってプログラミングを学校で勉強するらしい。ビジネスマンたる自分もプログラミングをやらないといけないのでは? よくわからないけれど……」

『爆速!アルゴリズム』(アリ・アルモッサウィ著/東洋経済新報社 書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

こんなふうに軽い「プログラミング強迫観念」に駆られている人も最近増えているような気がします。それもそのはず、毎日テレビではAIを取り上げた番組をやっているし、新聞や雑誌にブロックチェーンやIoTに関する記事が載らない日はありません。

加えて、子ども向けのプログラミング教室が人気ですよね。皆さんもお子さんの将来のために、「とりあえずやっておきなさい!」みたいなノリで通わせていらっしゃる方や、検討されている方も多いのではないでしょうか。

そうなると、親としても、プログラミングを少しくらいかじっておいたほうが良いような気もしてくるわけで、会社でも最近機械学習の仕組みで顧客情報を分析したりするとか言っていたし。でも、……。

「自分が今からプログラミングやって、何になるの?」

そうなのです! そのことについて、今日は皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

次ページプログラミングは怠け者たちが発展させた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。