「料理の段取り」がプログラミングに役立つ理由

「怠け者の欲求」がアルゴリズムを発展させた

もともとプログラミングとは、本来は人間がやるべき仕事を、なんとかして楽にできないか、という人間本性の怠け心が出発点である、と超・面倒くさがり屋の私は勝手に思っています。

人間は皆、実は仕事が嫌いで、やらなくて済むならもう本当にやりたくない。スキあらば怠けたい、ラクして暮らしたいという動物なのだ、という説を私は信じています(休日に書いているこの原稿も、いっそAIが書いてくれたら、自分はネットフリックス三昧できるのに……)。

・繰り返し同じことをやるなんて、耐えられない!
・どうせやるなら短い時間で終わらせたい!
・次の仕事にもこのやり方を適用できるようにしたい!

こんな怠け者たちの「ラクしたい!」という強い欲求が、プログラミングを発展させたというのは、おそらく嘘ではないだろうと思います。

コストコに買い物に行く

このような気質や動機は、皆さんのようなビジネスパーソンも主婦の方々も持っていらっしゃるんですよね。ちょっと小話をしましょう。

あなたは週末に家にゲストを招いて、ちょっとしたホームパーティーを開いて、ローストビーフを振る舞うことになりました。その準備のため奥さんとともに、ちょっと遠出して巨大スーパーのコストコまで買い物に出かける予定です。

あなたは、たまに奥さんに連れられてこの巨大スーパーに行くのですが、毎回広いフロアをあっちへ行ったり、こっちへ行ったりして、調味料やパンなどを探すのにいつも苦労しています。それも、大きくて重いカートを器用に押しながらです。ただでさえ疲れている週末に足を棒にして買い物というか、食材探しに付き合わされて、辟易していました。

そこで今回、一計を案じ、奥さんにこのように高らかに宣言します。

「今日の買い物はオレが仕切るよ! 今までの半分以下の時間で済ませよう。このリストを埋めてくれさえすればいいから」

奥さんに以下のリストを渡して、埋めるように言いました。

奥さんが埋めたこのリストを手に、あなたは、コストコに到着。まず入口でフロアマップを受け取り、どのように売り場を回ったら最短距離で済むか(できるだけ一筆書きのように、同じ通路を2回通らないように)事前にシミュレーションしたうえで、カートを手にして買い物を始めたのです。

(注)あくまでもイメージ図であり、実際のコストコのフロアマップではありません。
次ページ時間が短く、気持ちがラクに楽しく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。