デキない自分を責めても何にも解決しないワケ

疲れ切ってしまう前にゆる~く受け流そう

(出所)『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(サンクチュアリ出版)
進学や就職、異動や転職など新しい環境に身を置く人が多い新年度。慣れない仕事に緊張したり、新しい人間関係に疲れを感じたり、そのストレスから気分が優れなくなり、やる気が起きなくなる「五月病」になる人が多くいます。
五月病って、真面目な人や頑張りすぎてしまう人ほどなりやすいそうです。疲れきってしまう前に、ゆる〜く受け流していければいいのですが…………難しいですよね。
拙著『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』から、私なりの「嫌な気持ちを引きずらない考え方」を、漫画とともにご紹介します。

・自分の意見をうまく伝えられない 

大勢の前や仕事の場で発言をすることはとても勇気がいります。いざしゃべろうとすると緊張で頭が真っ白になったり、何を言おうとしたか思い出せなくなったり――。

話しにくい雰囲気をつくる周りにも原因がある

しかしそれは、話しにくい雰囲気をつくってしまう周りにも原因があると私は思います。職業柄、私も色々な会議に参加してきましたが、しゃべりにくい会議には「言わせない」雰囲気や「言いにくくさせる」謎の圧がありました。

すごくしゃべりやすい場所もあれば、人ことしゃべるだけで息苦しくなる場所もあって、時には逆の立場で話しにくくさせてしまったこともあります。まずは、身近な先輩や話しやすい人に意見を伝えてみるのはどうでしょう?

自分にとってできるだけ楽な方法で、「伝えること」を
続けていれば、私がそうであったように、今より少しずつ
話しやすくなるかもしれません。

次ページ自分に自信がもてない人へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。