デキない自分を責めても何にも解決しないワケ

疲れ切ってしまう前にゆる~く受け流そう

・すぐに気持ちが落ち込んでしまう人へ

理由もなく気持ちが落ちる時は、自分を責める前に、強制的に気持ちを切り替えることにしています。

そういう時って、かなり疲れていることが多いです。

「疲れる」ことは「憑かれる」みたいなので、私は「憑かれた君」が自分に取り憑いていると思うことにしました。

そして、「ここに行けばスッとする」自分のお気に入りの場所を浄化ポイントと決めて、疲れが溜まってきたら追い払いに行くことにしています。

ちなみに私のオススメは、神社です。鎮守の森があって木が多いからか、敷地に入った時に空気や温度がスッと変わる感じがするんです。

鳥居をくぐれば一匹離れ、鈴を鳴らしては一匹離れ……。何か人つする度に「憑かれた君」が一匹、また一匹と離れていく感じがします。

最後は「よし!軽くなった!」と、何かを払った気持ちで帰ります。

お気に入りの場所を選んでいることもあり、いいリフレッシュになりますよ。

自分で自分を責めすぎないように

新しい環境では上手くなじめなかったり、理不尽に感じる辛い事や、自信をなくして自分を責めてしまう事もあるかもしれません。責任感が強い人ほど落ち込んでしまうだろうし、真面目な人ほど一人で抱えてしまうことが多いと思います。

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(サンクチュアリ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

もし、上司に対して気持ちが落ち込む時はこう考えてみてはどうでしょう? みんな昔は子供だったように、上司や先輩も昔は新入社員です。もう、これだけは誰が何と言おうと絶対に言えることですが、大半の上司がはじめから今ほど完璧じゃなかったはずです。

環境になじめず自分で自分を責めてしまう時は馴染みにくい場所にしてしまう周りも悪いんだと思ってみてください。環境って1人でどうこう出来るものじゃありません。だから、馴染みにくいって自分1人のせいじゃないんです。

落ち込んだりストレスが溜まったりした時は、限界が来る前に逃げて回復することです。そういう場所を作っておくといいし、なんならリフレッシュがてら、連休中に自分の回復ポイントを探してみてはどうでしょう?

気楽って心配や苦労がなくのんびりできることです。考えすぎず頑張りすぎず、できるだけ気楽にいきましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。