デキない自分を責めても何にも解決しないワケ

疲れ切ってしまう前にゆる~く受け流そう

・理不尽な業務や不当な扱いを我慢している人へ

ガマンはある程度必要な時もあるけど、本来感じなくて良いストレスを感じたり、必要以上のガマンをしていると感じたときは少しだけ立ち止まって見てください。雇用条件と違う仕事をさせられたり、上司から不当な扱いを受けても「きっと自分の成長が足りないせいだ……」とガマンしていませんか? 仕事というのは、本来はガマンが仕事じゃありません。

本来する必要のないガマン

よく、お給料はガマン料だという人がいますが、「ガマンしなきゃいけない部分」が「本来の仕事と関係ない部分」にあるなら、それは本来する必要のないガマンなのだと思います。

むしろ仕事の難しさに耐えることと、仕事に関係のないストレスに耐えることが、すべてセットになって語られてしまうのは、おかしいと思います。

不要なガマンをしても「ガマン料追加支給」はありません。

ガマンしすぎて心を病んで仕事ができなくなったら、今まで耐えてきた苦労もすべて無駄になってしまいます。自分を守ることも、大事な仕事です。

次ページ人から褒められても、素直に受け取れない人へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。