安倍政権で静かに進む「もう1つの増税計画」

温暖化対策税の大幅増税か炭素税導入を検討

日本でも、地球温暖化対策の議論が重ねられている。写真は東京電力の袖ケ浦火力発電所(2017年4月、編集部撮影)

2019年度予算案が3月27日、参議院で可決され、年度内に成立した。予算案は今年10月に消費税率を10%に引き上げることを前提とした内容で、約2兆円の消費増税対策も盛り込まれた。

4月1日以降は、10月1日以降に商品等を引き渡す商取引はすべて(軽減税率対象品目を除く)、消費税率を10%として契約を結ばなければならない。事実上、10%の新税率は4月1日から実施されることになる。

カーボンプライシングとは何か

仮に10月の消費増税を延期する場合、こうした契約を結び直さなければならないこととなり、商取引は大混乱する。当然のことながら、消費税率を10月1日に10%に引き上げないこととする法案を国会で審議し、可決しなければならない。そのためには、最低でも半月は時間を要する。その間、商品等を引き渡す日の税率が何%になるかが定まらず、契約すら結べないことになり、経済活動を停滞させる。10月の消費増税を今更延期することは実務的に困難だ。

さて、2019年度予算が成立した同じ日、環境大臣の諮問機関である中央環境審議会の地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会の会合が開催され、地球温暖化防止に関する政策について議論した。

カーボンプライシングとは、炭素の価格付けのこと。温室効果ガス、とくに二酸化炭素(CO2)に価格をつけ、企業や消費者に対して排出量に応じた負担を求めることを通じて、CO2の排出削減を促す施策である。

カーボンプライシングには、政府による施策と民間企業の自発的な価格付けの2種類がある。民間企業の自発的な取組みは、企業が自主的に炭素に価格を設定し、投資などの判断の参考に用いるものである。政府による施策には、主に排出量取引と炭素税がある。

次ページカーボンプライシングとは何か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT