外国語が得意でも転勤NG?ベトナム人の謎

”効率”に関する、独特の感覚

かつて「世界の工場」と言われた中国の急速な変化に伴い、日本企業が「チャイナプラスワン」を探すようになって久しい。複数の国の名前が挙がる中、つねに支持を集めるのがベトナムだ。勤勉で手先が器用、穏やかな人柄など、魅力は多いが、まだまだ知られざる特性も多い。
日本人がベトナムでビジネスをする際に知っておくべき、ベトナム人の特性や文化とは何か。駐日ベトナム社会主義共和国大使館の参事官・投資促進部長、グエン・バン・バー博士に聞いた。
ベトナム社会主義共和国大使館のグエン・バン・バー参事官

――過去、ベトナムを訪問して印象的だったのは朝、子どもも大人も外で朝食を食べていたことです。逆に、あまり家で朝食は食べないと聞くのですが、どうしてですか?

グエン・バン・バーさん:ベトナム人は勤勉で、男女とも働くのが当たり前です。そこで、効率性を考えることが大切なのです。

ベトナムでは朝食にはフォー、おこわ、パンなどを食べます。フォーには野菜がたくさん入っていてとても栄養によいのですが、家庭で家族のためだけに作るのは大変です。それにベトナムの朝は早く、仕事は朝7時から始まって、夕方18時まで。毎日の仕事で疲れているのに、朝早くから朝食を準備するのは大変ですし、またフォーは100円ぐらいで安く食べられるので、朝は外で食べてから行くほうが効率的ですよね。

朝食は外で食べるのが当たり前なので、会社や学校で朝食を準備しているところもあります。家族で一緒に朝食を食べてから出掛けてもいいですし、それぞれに仕事場や学校に向かっていく途中で食べることもあります。

「食べられなくても、勉強させよ」

――朝、たくさんの人が外で食べている光景は活気があります。確かに効率的ですね。次にイメージするのは、ベトナムの細かい手芸品などから透けて見えるベトナムの方の手先の器用さです。あれだけの細かい作業を行うには集中力が必要ですよね。

グエン・バン・バーさん:中国などと比べると、ベトナムは国土的にも小さな国です。しかし、ベトナムの強みは手先の器用さ、勤勉さにあります。日本の電気部品のかなり多くがベトナムで生産され、それも多くが女性によって作られています。ベトナムの女性は強く、仕事をするのが当たり前。さらに手先が器用なので、細かい仕事が上手です。

ベトナムでは大きい産業はまだ成長している途中ですが、頭を使うものや精密な仕事が得意なので、ソフトウエア、IT系の産業が発展しています。そのあたりは日本の「もの作り」に通じるところがあります。

次ページ楽観的な南部人、将来を見据える北部人
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT