外国語が得意でも転勤NG?ベトナム人の謎

”効率”に関する、独特の感覚

――では、今は過渡期なのですね。

グエン・バン・バーさん:今、交通安全のマナー教育に力を入れていますので、これからよくなってきます。そのうえ、インフラが整備されますので工業化が進み、ビジネス投資のチャンスです。

ベトナム人の平均年齢は28歳です。そのためベトナムの経済発展の潜在性は「人」にあるとも言えます。2013年11月に人口が9000万人に達し、毎年の伸び率は1.7%。戦争が終わって35年経ち、9000万人のうち70%が労働力、6000万人の働き手がいる国です。ベトナムには天然資源があり、石油輸出の国。コメやコーヒーも世界一、シーフードなどもあります。今は人口の70%が農村に住んでいますが、工業化とともに都市化しています。

それにベトナムは戦略的な位置にあり、アジア経済のダイナミクスと言えます。ジャカルタや香港、シンガポールなどアジアのほとんどの国に2~3時間で行くことができます。1975年にアメリカと戦争が終わってから経済が発展し、市場経済になったのはこの25年ほどです。

1988年には、初めて外国投資法ができました。日本とは1500の投資案件を実施し、たとえばイオン・高島屋がモールを作っていますし、ファミリーマートもたくさん進出しています。ASEAN地域や世界とオープンに付き合っています。この20年間でGDPが年間6.5%ぐらいで、2007年には世界貿易機構WTOのメンバーになりました。

――日本に期待することはなんですか?

グエン・バン・バーさん:日本とベトナムの文化は近く、自分のことだけを考えるのではなく、譲り合いの精神があります。ベトナム人は警戒心は強いのですが、国民性は親しみやすいと思います。手先が器用なのでクオリティの高いものを生産できますので、お互いにWin-Winを考えて、ビジネスがしやすい国だと思います。

(撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。