1年で4倍! 急増する“和僑”って何だ?

タイ・バンコクに日本人1000人が集結

1000人もの日本人でにぎわうバンコクのイベント。急増する”和僑”とはいったい?

ASEANの中心地として、ビジネス界からも注目を集めているタイ・バンコク。駐在員も起業家も増加の一途をたどり、バンコク在住日本人は約4万人に達した(日本大使館調べ)。

そんなバンコクで、先月開催されたイベントで1000人以上を動員、注目を集めたのが世界各国から日本人起業家が集まった「和僑世界大会」なるものだ。

会場は、バンコク在住日本人も数多く住むスクンビット通り、BTSプロンポン駅近くのホテル。ここに“和僑”と呼ばれる人たちが世界各国の都市から集まった。「初めまして」と「ごぶさたしております」という日本人らしいあいさつがあちこちで飛び交い、世界各国の都市の名前が聞こえてくる。「今、熱いと言われるバンコクを見ておきたくて来たんです」。そんな声も耳にした。

5年前に香港で開催されて以来、年1回、各国持ち回りで開催されているという和僑世界大会。シンガポールで開催された昨年の参加者は約250人だったのに対して、今年は1000人。わずか1年で4倍に増えたというから驚きだ。この数字が、“セカ就”という言葉まで生まれるほど、海外での就職・起業が身近になり、関心が高くなっていることを物語っている。

“和僑”という言葉はまだ耳慣れないかもしれないが、要するに海外で起業する日本人のこと。筆者自身、2010年に上海で活躍する女性起業家の取材をしたことがあったが、そのときにはまだ彼女たちから“和僑”という言葉は出なかった。

新聞の見出しなどで“和僑”という言葉を目にするようになったのもここ数年だと認識している。この言葉を生み出し、今回の世界大会を開催した和僑会とは、いったいどんな団体なのか?

“和僑”が生まれたのは10年前

始まりは、10年前の香港。香港で会社経営をしていた筒井修さんが、日本から来たばかりの20~30代の若い経営者たちのつながりに必要性を感じて、勉強会を始めたことがきっかけだ。

次ページ9割が撤退するという現実
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。