1年で4倍! 急増する“和僑”って何だ? タイ・バンコクに日本人1000人が集結

拡大
縮小

「3年は腰を据えて事業をやる覚悟と、つねにリスクヘッジを考えること。これから進出する方にお伝えしたいのはこの2つです。バンコクで会計•財務•会社設立法務などを行い、さまざまな企業をお手伝いしてきましたが、現地採用の人にすべてを任せて失敗するケースも見てきました。本人がこちらに来るとうまくいくことが多いように感じます」

可能性が大きい一方で、ここは異国。当然、想定外のリスクも起こる。ここに集まって来た起業家の多くが持つ、大きな失敗談。「今だからこそ笑って話せるけれど……」、そんな話は星の数ほどある。もちろん、笑って話す前に日本に戻ることになった起業家もたくさんいるのだ。

さらに、次の5年、10年を戦っていくうえで必要なのは、大成功者のロールモデルだろう。現在、“和僑”と呼ばれている人たちは、ひとつの国、ひとつの事業で成功を収めている起業家が多い。日本と上海で複数の会社を経営する佐藤良雄さんは、若手起業家への期待も込めて、こう語る。

「厳しい言い方をすれば、“和僑”として大成功した人は、まだいないのではないか。日本人の多くが名前を知っているような、ユニクロの柳井さんや楽天の三木谷さんレベルの起業家が出てこないと、大成功とは言えない。

現在の和僑会は、日本で言うと中小企業の社長が集まるネットワークになっている。ここから抜け出すことで、“和僑”は本当の意味で“華僑”に対抗できるようになるはずだ」

外務省によると、アジア地域で暮らす日本人は増加の一途をたどり、今では34万人を超えている。日本国内の人口は減少していく一方、海外で働く日本人が増え続けることは間違いない。これからの10年が勝負だ。そんな声があちこちから聞こえて来た。“華僑”に対抗できるような“和僑”ネットワークは、どこまで強固な広がりを見せられるか。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT