職務中の交通事故で人生を狂わされた49歳男性

10円の出費さえままならない「絶対貧困」に

2年ほど前に遭遇した職務中の交通事故の後遺症やフラッシュバックに今も悩まされているクニミツさん(編集部撮影)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回紹介するのは「職を失い、今まで以上に社会の厳しさ、冷たさが身に染みつつ、職を探す力もなく、ただ漠然と日々を送っています」と編集部にメールをくれた、49歳の独身男性だ。

こんなにつらいのに、周りはだれもわかってくれない

いい具合の枝が見つからない。あっちは低すぎる。こっちは細すぎる。高さも、太さも申し分ないと思ったら、今度は余分な小枝が茂っていて、うまくロープを渡せない。もっと山奥に入ってみようとも考えたが、誰かに見とがめられそうだったのでやめた。

この連載の一覧はこちら

昨年夏、クニミツさん(49歳、仮名)が何日間も山中をさまよった末、ようやくわかったこと。それは、「首を吊るのにちょうどいい木って、意外とないんだな」ということだった。

長年、メンタルを患っていたクニミツさんは2年ほど前、仕事中に交通事故に遭遇。以来、後遺症やフラッシュバックに悩まされるようになった。「こんなにつらいのに、周りはだれもわかってくれない」と思い悩み、自殺を思い立ったのだという。

次ページ死にきれずに戻った時には…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。