職務中の交通事故で人生を狂わされた49歳男性

10円の出費さえままならない「絶対貧困」に

2年ほど前に遭遇した職務中の交通事故の後遺症やフラッシュバックに今も悩まされているクニミツさん(編集部撮影)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回紹介するのは「職を失い、今まで以上に社会の厳しさ、冷たさが身に染みつつ、職を探す力もなく、ただ漠然と日々を送っています」と編集部にメールをくれた、49歳の独身男性だ。

こんなにつらいのに、周りはだれもわかってくれない

いい具合の枝が見つからない。あっちは低すぎる。こっちは細すぎる。高さも、太さも申し分ないと思ったら、今度は余分な小枝が茂っていて、うまくロープを渡せない。もっと山奥に入ってみようとも考えたが、誰かに見とがめられそうだったのでやめた。

この連載の一覧はこちら

昨年夏、クニミツさん(49歳、仮名)が何日間も山中をさまよった末、ようやくわかったこと。それは、「首を吊るのにちょうどいい木って、意外とないんだな」ということだった。

長年、メンタルを患っていたクニミツさんは2年ほど前、仕事中に交通事故に遭遇。以来、後遺症やフラッシュバックに悩まされるようになった。「こんなにつらいのに、周りはだれもわかってくれない」と思い悩み、自殺を思い立ったのだという。

次ページ死にきれずに戻った時には…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。