20代で「発達障害」と診断された男性の苦悩

空気が読めないので摩擦が絶えなかった

20代後半の頃に「アスペルガー症候群」と診断されたというジュンイチさん(編集部撮影)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回紹介するのは「アスペルガー症候群で無職歴15年です。大学時代の人間からは無職ということで縁を切られたり自殺を勧められたりしました」と編集部にメールをくれた、生活保護を受給する41歳の独身男性だ。

ジュンイチさん(41歳、仮名)から取材場所として指定されたのは、ある有名チェーンの定食店だった。数時間にわたって話を聞くことは知っているはずだ。なぜ、よりによって客の回転が速い定食屋? しかも、約束した時間帯はランチ時だというのに……。

この連載の一覧はこちら

事前に、喫茶店かファミリーレストランでと、こちらの希望を伝えていた。これに対し、ジュンイチさんは自宅近くには適当な店がないという理由で、ギョーザや丼ものがメインの定食店を指定してきたのだ。

電車で1駅分足を延ばしてくれれば、繁華街があるのに……。その分の電車代は、私が負担しますと言ってみようか。こちらで場所を変更したら、気分を害されるだろうか。

私は迷った末、店内の込み具合をみながら、場合によっては途中で店を変えようと考え、まずは約束した定食店に赴いた。

"暗黙の了解"というのが、わからない

会ってみると、ジュンイチさんは、自閉症スペクトラム障害の一種「アスペルガー症候群」だという。診断されたのは、20代後半のころ。発達障害のひとつで、他人との社会的関係や、コミュニケーション能力、想像力などに偏りがあるとされる。彼自身、「一般常識が欠けていると思います。“暗黙の了解”というのが、わからないんです」と言う。

もしかすると、取材場所に、長居がしづらい定食店を選んだのは、ジュンイチさんがアスペルガー症候群であることと関係があるのかもしれない、と思った。

「空気が読めない」ことは、子どもたちの間では、時にいじめのきっかけとなる。

次ページ教壇の前に立たせられた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT