悩みが多い人は「記憶」にとらわれすぎている

「今」を生きれば、過去の認識も変わる

「今」を肯定的に受け入れることで、過去のつらい記憶からも解放されます(写真:saki/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

カウンセリングでは、相談者が自分自身と向き合う作業をサポートすることが大きな目的の1つです。その折に、大切にすることは「今ここ」での感覚や、思考に焦点を当て続けることです。「今」という感覚から、どうしても離れてしまいがちになるので、そこに注力できるように関わるのがカウンセラーの役目でもあります。

この連載の記事一覧はこちら

なぜかというと、とかく悩みごとを抱えていたり、心を病んでしまうと、原因探しのごとく過去を振り返ることをしがちになるからです。

しかし、過去に起こった事実は変えられず、いくら過去を探索したところで、つらい思いや悲しい気持ちがよみがえるだけで、解決には結びつかないことが多いのです。

また、過去に思いをはせることによって、その時の感情がよみがえるような気持ちになりますが、実際には違います。それは過去を振り返ったときの「今」の感情でしかありません。実は、過去に感じたものとはまったくの別物なのです。さらに、その記憶はつねに塗り替えられていて、非常に不安定で曖昧です。

記憶は曖昧になることが多い

ある調査の例を挙げます。

学生に1週間に起こった自らの出来事を毎週15ずつ、4カ月間記録させ、その後、実際に学生に自分が記録したものと、本人とは関係のない記録を見せ、どれが自分に起こった出来事なのかを判定させるというものです。

結果は、90%の学生が自分の記録内容を認識できたと同時に、自分と関係ない“模造記録”に関しても、50%の学生が「自分の出来事」と認識したというものです。

これは一例ですが、日常の多くの出来事や感情の変化が、過去の記憶をゆがめることは多くあります。記憶や意識が保たれるのは、わざわざ故意にそれらを植え付け直して作られるものであり、「記憶はうそをつく」といった脳科学的な学説もあります。

次ページ特に感情が絡むと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。