「疲れる友人」となぜか付き合い続ける人の心理

「コミュニティ」に入る事で安心してませんか

会っていて疲れを感じたりもやもやする人たちとは、どう付き合えばいいのでしょうか?(写真:kohei_hara/iStock)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

この連載の記事一覧はこちら

大抵の方は、学生時代の知り合い、ご近所の人、子どもを通じての関わり、趣味や活動の仲間、習い事と、身近なコミュニティーの中に、親しさの差はあるものの、友人がいるかと思います。

そんな中で、特段なにかトラブルがあったというわけではないのに、会った後に疲労感を覚える、連絡が来るだけで憂鬱になる、何となく心がもやもやする、なんてことはないでしょうか。

知らず知らずのうちに受けているマウンティング行為

そんなときは、知らず知らずのうちに相手からマウンティングをされているのかもしれません。

例(1)相手の話を受け止めずに、自分のほうが楽に受診できるアピール
A「花粉症が始まったみたい。薬が欲しいけど、病院、待つから嫌だわ」
B「なに? 病院行くとき予約しないの?」
A「え? 予約はするけど、大抵時間どおりにいかないし」
B「私の通っているところ、わりと時間どおりで、そんなに待たされないよ。病院変えればいいのに」
A「……」

例(2)ケーキの話題から最新家電を買ったアピール
A「昨日、久しぶりにケーキ焼いたの」
B「あ、私も最近ケーキ焼くよ」
A「たまにやると楽しいよね」
B「ていうか、最新型のオーブン買ったらやる気が出た感じかな」
A「……」

例(3)うちのほうがひどいアピール
A「うちの子、ゲームばかりやっていて全然勉強しないの」
B「うちなんか、ゲームにだけでなく、YouTube漬けよ」
A「何度も言っているうちに嫌になる」
B「うちは、言うこと自体を諦めてるわ~」
A「……」

共通している不快ポイントは、

こちらの話をきちんと受け止めない
全部、自分の話にすり替える
何かと自分のほうが優れている(もしくは劣っている)とマウンティング
次ページこれに嫌みが加わると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。