「疲れる友人」となぜか付き合い続ける人の心理

「コミュニティ」に入る事で安心してませんか

さらに、これに嫌みが加わると、

A「この前、○○ホテルのランチに行ってきたの。平日だったからリーズナブルでよかったよ~」

B「優雅だね。正社員だと平日無理だわ」

A「そうだよね。フルタイムだと、どうしても週末になるよね」

B「シフトで休めるのはうらやましいわ。カレンダーどおりの休みだと旅行とかも割高で本当困るわ~。この前なんて料金、閑散期の倍だったよ」

こんな会話が続けば、別れた後は、どっと疲れてしまうと思います。

ひどいケンカをしたわけでもない、あからさまな嫌がらせでもないけれど、こうしたやり取りは、じわじわとダメージを長引かせます。

不快な感覚を無視せず、自分の捉え方がゆがんでいるのかなと思わず、相手との距離を取ったほうが無難です。

実は、友人関係の相談の中で多いのは、付き合いの中でストレスがたまり疲れてしまった、距離を置きたいが断るのも大変というものなのです。そして、「長い付き合いなので、今さら、疎遠にできない」や「嫌だけど、誘われると仕方なく出向いてしまう」という具合に、気持ちと行動が裏腹のまま、嫌々関係性を続けてしまうケースが多くみられます。

しかし、今までこうしてきたから断れないと思う必要はありません。時には断ってもよいですし、罪悪感を覚える必要はありません。

「1年生になったら、友達100人できるかな……」の歌に象徴されるように、友達が多いことがよいことのように錯覚しがちですが、無理をしてまで多くの友人と付き合うと疲弊するだけです。

接点が避けられない場合でも、自分のテリトリーをきっちり決めて、それ以上は付き合わないことが大切です。

「疎遠にしたら相手に悪いな」とか、「自分がさみしくなるかも」など複雑な感情が絡んで、やっぱりずるずると付き合ってしまうこともあると思いますので、選択の際のポイントをお伝えします。

相手との関りの中で、行かないで済む、会わないで済む、連絡を取らないで済む、というような「理由付け」「言い訳」を考えている時点で、心は拒否を示しています。

「○○しないで済む」のような方向に思考のエネルギーを傾けているかどうかが1つの指標となります。行きたい気持ちがあれば、あえて、行かなくてよい理由など考えようとは思いません。

楽しくないのに会う必要はなし

また、自分にゆとりがなかったり、環境や状況が変わると自分の価値観も変わり、今まで何でもなかったことが急に受け入れられなくなることもあります。その時々に応じて友人との付き合い方は変わるものなのです。

仕事上など、どうしても付き合わざるをえない場合を除き、思い切って縁を切ることも大切です。付き合い方を変えるという方法もあります。手放せば、新しいものが手に入るということもあるように、手放したことで新たな心地よい関係性と出会えるかもしれません。

身近な人間関係は、心身の不調にも大きく関わります。

特別な理由がないのに、なんだか気持ちがふさぐ、体調が思わしくないと感じている方は、身近な人間関係を見つめ直してみませんか。

もちろん人間同士、いつもいつもよい関係でいられるわけではありませんが、基本的には、

元気をもらえ、与えられる
楽しく笑い合える

お互いにプラスのエネルギー交換が生まれるような相手と友人関係を築いていきたいですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。