言う事を聞かない子どもの親の残念な共通点

子どもを叱る前に試したい2つのこと

親が「日常の小さな約束」を守ることを徹底するだけで、子どもの「聞き分け」も変わる(写真:IYO / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

毎日の生活の中で、言うことを聞かない子どもの言動に「イライラ」することも多いのではないかと思います。それを子ども自身に「聞き分けがない」と責任転嫁することは間違っています。親のちょっとした対応で、子どもは分別を身に付け、親の「イライラ」は激減します。

電車の中で見た、親子のやりとり

先日、電車の中で隣り合わせに座った、3歳くらいの女児とお母さんのやり取りです。乗車してすぐに、

この連載の記事一覧はこちら

子「ジュース飲みたい」

親「ダメ。後で」

子「ジュース飲みたい!」

親「電車に乗ったからダメ、降りてからね」

子「ジュース飲みたい!!」

親「電車の中だからダメって言ったでしょ! 降りてからね!」

かなり強い口調だったからか、子どもは静かになりました。しかし、何駅か過ぎて、ある駅に到着した時。

子「降りる?」

親「まだ、次よ」

あ、次降りるのね、よかったわ、と筆者は心の中で思いましたが、その次の駅についても降りる気配がありません。

次ページ次の駅という約束は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。