「叩いてしつける」を"必要悪"と思う親たちへ

6割の親が「体罰を容認」しているという事実

「怒鳴る」「叩く」は子どもの成長によい影響を与えません(写真:Fast&Slow/PIXTA)
しつけのために手やお尻を叩くのはアリだろう、自分も親に叩かれて育ったからわが家も同じように子どもを叩いて育てる方針だ――子育てにおけるしつけには明確な答えがなく、それぞれが“持論”をもとに育児をしている現状がある。
しかし、「子育てに『怒鳴る』『叩く』はいっさい必要ない」と言うのは、子育てアドバイザーの高祖常子氏だ。子どもの人権を守るための多数の委員を歴任し、スウェーデンなどの子育て先進国の取材も重ねてきた高祖氏が提唱する、「怒鳴らない、叩かない」子育てとは。

「しつけのためには怒鳴る、叩くは必要」が5割

私は現在、「怒鳴らない、叩かない」子育てを広めるために活動をしています。育児中のみなさんも、きっと、なるべくなら子どもを怒鳴ったり叩いたりせずに育てたいと考えていることでしょう。

ですが一方で、「本当にそれでしつけができるの?」「ときには強く叱ることも必要なのでは?」という思いを持つ人は少なくないようです。

(グラフ提供:筆者)

実際、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの2万人アンケート(2017年7月実施)によると、約7割が「しつけの一環として子どもを叩いたことがある」と回答。56.8%が「しつけのための体罰を容認」しています。

なかなか泣き止まないとき、言うことを聞かないとき、大切な物を壊されたとき……つい子どもに対して手を上げたくなることもあるかもしれません。また、子どもが興奮して話しても聞かないときに、気持ちを切り替えさせるため叩く、悪い行動をやめさせるために叩く、という意見もあります。

たしかに、「怒鳴る」「叩く」というのは、即効性のある行為です。なぜかというと、子どもがびっくりしたり、怖がったりして、その行為をいったんはやめるからです。でも本当に「怒鳴る」「叩く」という選択肢しかないのでしょうか? その選択は正しいのでしょうか?

次ページお尻を叩かれて育った子は問題行動を起こすリスクが高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。