子どもを「ご褒美で釣る」親はなぜダメなのか

手っ取り早い効果の裏で密かに進行する弊害

なかなか親の言うことをきかない子どもに「ご褒美」を与えることはプラスに働くのでしょうか?(写真:Tirachard/iStock)

子どもは親が望むようには動いてくれないものです。なかなか勉強してくれませんし、テストでいい点を取ってもくれません。翌日の支度をしてくれませんし、お手伝いもしてくれません。

子どもに言うことをきかせるためにはやむなし?

そんなとき、親がつい手を出してしまうのが、お金や物で釣る“ご褒美方式”です。たとえば、自分で勉強したら10円、テストで100点を取ったら100円、洗濯物をたたんだら10円などです。ご褒美で釣ると、子どもは重い腰を上げてくれます。でも、これってどうなんでしょう? 弊害はないのでしょうか。

この連載の記事一覧はこちら

このことを考えるうえで、私の教師としての体験を2つ紹介します。まず1つ目。ある年、私は4年生を受け持っていたのですが、運動会の競技で盛り上がっているとき、私は子どもたちに「さあ、みんなで赤組を応援しよう」と言いました。すると、井上君(仮名。以下、名前はすべて仮名)が「先生、応援したら、いくらくれる?」と言いました。私は驚いて、「いやいや、そういうことじゃなくて……。がんばってる赤組の仲間を応援しようよ」と答えるのが精一杯でした。その前から気にはなっていたのですが、井上君はよく「いくらくれる?」と言う子でした。

井上君は、友だちが「消しゴム貸して」と言うと「いくらくれる?」と答え、「一緒に帰ろう」と誘われると「いくらくれる?」と答えます。言われたほうはいい気持ちがしませんから、みんな閉口していました。

後でわかったことですが、実は井上君の家では「○○したら10円」「○○したら50円」等、細かく決められていたのです。私は、この子はそういうやり方が身に付いてしまっているのだなと感じました。

次ページテストが異常に好きな木村君の場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。