中国発「客単価10万円」アパレル起業家の奮闘

ヤングリッチ向けファッションを手掛ける男

「GENTSPACE」1号店の外観。2017年に創業した中国の若き起業家Garyの戦略に迫った(筆者撮影)

アパレル業界の競争は激しさを増している。日本だけでなく中国も、とくに実店舗での販売は難しくなっており、消費者の嗜好が多様化する中でリピーターの確保は難しくなる一方だ。

さらに、若者の起業家といえば、日中ともにIT系が多い。激しい技術の変化が成長とビジネスチャンスをもたらすからだ。

しかし、あえて厳しいアパレル業界に進出し、実店舗重視という方針を徹底した若い起業家が中国にいた。緻密なターゲティング戦略で、30歳の若さでメンズファッションブランドを創業。1年も経たないうちに、中国の国内で直営店を6店舗展開し、経営も順調に推移しているようだ。

有名人による雑誌での紹介、美しすぎる店舗デザインなどが話題を呼び、口コミ効果もあって、とくに中国の若い富裕層(Young Rich=ヤング リッチ)の間で人気上昇中だ。そして、この起業家は日本の百貨店やファッションブランドにも関心が高く、将来の夢は日本のファッション企業に比肩する企業になることだという。

今回は、中国発の若き起業家の物語、そして、そこから見えるまだまだ眠っている中国の消費市場、また日本企業にとってのヒントを紹介したい。

これまでにないターゲティング戦略

筆者がいちばん感心したのは、この起業家のターゲティング戦略だ。

名前はGary(ゲイリー:若い中国人はビジネスでは英語の名前を使うのが一般的)。

2017年に上海で「GENTSPACE」を創業したGary氏(写真:Gary氏提供)

裕福な家庭で育ち、バージニア大学(アメリカではUCLAに次ぐ公立2位)を卒業した、文句なしのエリートだ。

中国で一時就職した彼が、社会人になっていちばん戸惑ったのは、「ビジネスの場面で何を着ればいいのか」ということだった。

高級ブランドで最もフォーマルな服を仕立てたが、ボディーガードのような服装になり、違和感を覚えたそうだ。

次ページ若い中国人男性が抱いている悩み
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。