「冬ボーナスが消える」貯まらない人のクセ

貯まる人と、貯まらない人の「家計簿」の差

家計簿のスタートにどうして1月はふさわしくないでしょうか?(写真:Naoaki/PIXTA)

毎年1月は、「今年こそ貯める!」というフレーズが、時候のあいさつのように出現する時期でもある。そのココロは「ボーナスから貯めるつもりが、年末年始に使いすぎて」という反省もあるし、2019年は一大散財時期になりそうな10連休も控えている。

今年は年初から家計簿をつけて節約しよう、と気合を入れた人もいるかもしれない。しかし、実は1月は家計簿のスタートに最もふさわしくない月なのだ。

1月は何かとイベントが多く支出が増えやすい月

そもそも家計簿とは、使ったお金を記入するものだ。正しいとされる家計簿のつけ方は、最初に費目別に予算を立てること。食費が4万円、レジャー・交際費が2万円、被服費が1万円……というように、お金の配分をするわけだ。

しかし、1月はそれがいきなり崩れてしまう。帰省や旅行で外食は増えるわ、新年会は目白押しだわ、初売りにバーゲンと買い物欲が盛り上がるわと、予算金額を早々に突破、まさに絵に描いた餅となる。

この連載の記事一覧はこちら

さらに、そもそも帰省先で親戚と一緒に行った外食は食費なのか? それとも交際費なのか? ガソリン代は交通費だが、旅行に行った分は旅費なのか? 家計簿初心者はいちいち判断に悩んでしまう。

新年早々に家計簿に挫折したという人の声を聞くと、「使途不明金が多くて収支が合わない」や「何の費目に入れていいかわからず、“その他”ばかり増える」という嘆きが多い。「使途不明金」や「何の費目に入れていいかわからない支出」がいちばん発生するのが1月なのだ。

しかも、何かとこの時期は忙しい。そのうちまとめてつけようと後回しにしているうちに、まっさらなままの家計簿が引き出しの中で忘れ去られることになる。なので、挫折しても仕方がないのだ。あなたは悪くない。

次ページ1月の給料が出てから始めればいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。