年末年始に「ダメな出費」をする人の落とし穴

貯まる人は「知る人ぞ知る手土産」は選ばない

福袋にチャレンジすること自体はいいのですが…(写真:YNS / PIXTA)

「おカネが好き」と公言するのは恥ずかしいと思う人が多いようだが、まずそれを改めてほしい。好きだと認めなければ、おカネも離れていく。自分にとって大事なものだと思えば、ムダには扱えなくなる。コツコツと“トク”を探す発想を身に付ければ、小さなおカネでも幸せに生きていけるのだ。

さて、年末年始の買い物でも一工夫したい。ただでさえ現金が飛ぶように出て行く時期なので、現金代わりに使えるものは、ひたすら使い切ることを心掛けよう。

貯まったポイントは、どんどん「普段使い」する

この連載の記事一覧はこちら (※今回が連載第1回です)

今や日用品からおもちゃ、酒や食品まで扱っている家電量販店で、貯まっているポイントで一気に買い物をすませてもいいし、大掃除に必要な洗剤を買うなら、手持ちのTポイントや楽天スーパーポイントなどの共通ポイントが使える提携のドラッグストアを選ぶべきだ。つい、ポイントはコツコツ貯めて特別なときにどんまとめて使おうと思いがちだが、その考えはトクとは言えない。特別なものではなく、どんどん普段使いすることが、あなたのお財布のおカネを守ってくれるのだから。

ギフトでもらった商品券が手元にあれば、それも活躍させたい。普段はめったにデパートには行かないという人も、この時期だけはその習慣を改めたほうがいい。全国百貨店共通商品券は、デパ地下で使えるうえにお釣りも出る。お年賀用の贈答品やお酒を買うなら、ここで使ってしまおう。商品券やギフト券は、家の引き出しにしまうのではなく、財布に入れて日々持ち歩くのが、トクするチャンスを逃さないための方法だ。

次ページ帰省の土産を選ぶときのコツ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT