貯金ができない人は家計簿のコツを知らない

2年で350万円を貯めた主婦の支出整理術

漫然とつけているだけではおカネは残りません(写真:msv / PIXTA)
「家計簿さえつければおカネが貯まる」。そう考えている人は少なくないかもしれませんが、これは甘い考えです。むしろ、「普通の家計簿では、つけてもおカネは貯まらない。つけるだけでおカネの貯まる家計簿にするには、コツがいる」と、『1日1行!2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿』の著者、あきさんは言います。

つけても貯まらない家計簿だった10年間

私は、家計簿を14年間つけています。新婚当初から、いい加減な家計簿ではなく、割ときっちりした家計簿をつけてきました。しかし、10年以上の年月が経過しても、満足におカネが貯められないどころか、貯金は底をつき、このままでは確実にわが家は破たんすると、恐怖心を抱くまでになっていました。

そこで、私は今までつけてきた過去の家計簿をさかのぼって研究し、「本当につけるだけでおカネが貯まる家計簿」の仕組みづくりを始めました。

数年の試行錯誤を経て、家計簿のつけ方を変えたところ、わが家の家計が驚くほど変わり始めました。約10年間、家計簿をきっちりつけていたのに、満足に貯められなかった私が、家計簿のつけ方を変えただけで、2年で350万円の資産を増やすことに成功したのです。

しかも、ケチケチと爪に火をともすような生活をしたわけではなく、家族5人で約50万円を払ってグアム旅行に出かけるなど、以前よりもしたいことをして、欲しいものを買って、生活を楽しんでも、おカネが貯められるようになったのです。

この家計簿のつけ方をブログで紹介したところ、読者の方からも、私と同じように、「家計が劇的に変わった」という報告が続々と届き始めました。

次ページつけるだけで貯まる家計簿にする工夫
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT