年収1000万円超なのに貯金がない人の悪習慣

世帯収入が高くても「幸せ」とは限らない

収入が多いからとバンバン使っているとすっからかんに(写真:にこまる / PIXTA)

お盆まっただ中。この時期に帰省して、旧交を温めている人も少なくないでしょう。ふと気になるのは、お互いの懐事情です。

「東京でバリバリ仕事をしているアイツは、なんだか羽振りがよさそうだな。年収は1000万円くらいもらっているのだろうか?」

「地元にずっと根付いているアイツは『給料が安い』ってぼやいていたけど、年収でいえば400万円くらいだろうか?」

年収400万円の人から見た年収1000万円は、雲の上の想像もできない世界。「もし、年収1000万円になったら生活にゆとりが出て、小遣いは好きなだけ使えて、貯金も今の倍はできるだろう」。そんな想像をするかもしれません。一方、年収1000万円の人から見た年収400万円は、「大変だろうな、どうやって暮らしているのだろう?」という印象を持つかもしれません。

リッチでも1割が貯金ゼロ!

実際のところはどうなのでしょうか。国税庁の民間給与実態統計調査(平成25年分)によると、給与所得者の1人当たり平均給与は男性511万円、女性272万円(平均年齢は男性45.2歳、女性45.3歳)です。

男女別にみて年収1000万円以上は男性が6.2%、女性が0.9%。普通の人から見て年収1000万円は、やはりうらやましい額です。「もし、今の倍の収入があったら、生活も楽になり老後の心配もなく、子どもの教育費にもおカネがかけられるのに――」。そんな風に誰もが思います。

ところが、信じられないことに、年収1200万円以上の世帯でも、11.8%は貯金ゼロ。つまり、高所得世帯の8世帯に1世帯は貯金を持っていないのです(金融広報中央委員会家計の金融行動に関する世論調査平成26年)。

実際、ファイナンシャルプランナーの筆者のところへ、高収入でもうまく家計管理ができないと、ご相談にいらっしゃる方もいます。

次ページ高収入なのに赤字になってしまう理由とは
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT