年収300万円でも、たっぷり貯金する方法

おカネがない人は「アレ」を味方につけよ!

目標は40代後半から50代前半で十分に貯金をすること。そのためにすることは?(写真:IYO/PIXTA)

突然ですが、投資していますか?

これからの時代、老後の経済的安心を得るためには、公的年金だけをあてにしてはいけません。日本の公的年金は賦課方式といって、今、納めている保険料は、今の受給者への給付に充てられているわけですが、この方式は永遠に人口が増え、年齢が若くなるほど人口が多い、富士山型の人口ピラミッドが続くことを前提にしています。

30代、40代の年金受給額は今より3~4割減!

でも、今の日本の人口ピラミッドは、少子化の影響で若者の人口が少なくなったため、壺型といういびつな形になっています。

このままだと保険料を支払う人と受け取る人の人口が同じになり、もう支えきれない構造になっています。そこで、財政検証といって長期に年金を維持するために、給付の見直しが行われています。今、年金受給者が受け取っている額よりも3割~4割近く減ることを覚悟しなければならないでしょう。

日本で生活していく以上、この問題と向き合わないわけにはいきません。20年後、30年後に年金を受け取る側になる30代、40代の人たちは、自分が年金を受け取る頃には、今よりも給付額が少なくなることを前提に、アクションを起こす必要があります。

さて、どうすれば良いのでしょうか。

次ページ老後、経済的に安心できる「2つの方法」とは
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。