たっぷり貯金したいなら、家計簿をつけなさい

おカネが貯まる人は楽しんで実践している

(写真:Taka / PIXTA)

なぜ家計簿をつけるのは、つまらないのか?

昔から、「家計をしっかり管理するために家計簿をつけましょう」と、おカネのアドバイスをする人たちは必ず言います。

家計簿をつけておけば、その家の収支が時系列で分かります。この効果はとても大きくて、特に赤字家計を抱えて悩んでいる方は、その原因を追及できます。原因がわかったら、対処も簡単ですよね。

だからおカネの相談に乗っているFPたちは、赤字家計で悩んでいる相談者に、家計簿をつけるようにお勧めするのです。

私も、家計の収支を改善させるために家計簿を付けることには賛成です。家計簿は、資産形成をするための第一歩だとも思っています。

ただ、家計簿を付けるのって、本当につまらないのですよ。で、いくら家計簿を付ける効用について説明し、納得してもらっても、大半の人は三日坊主で終わります。

なぜだかわりますか?

答えは簡単。つまらないからです。多くの人は、最初から「家計簿をつけなきゃ」と義務感に駆られ、数日付けない日があると、「ああ、日にちが空いちゃった」と今度は焦燥感に駆られ、挙句の果てには「もういいや。どうせお給料も少ないし、数字をつけているだけで家計が黒字になるはずもないし」と、無力感を味わいながら、家計簿を放り出してしまうのです。

次ページ「家計簿、挫折した」のウラにある心理
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。