家を買うなら、親のスネをかじり倒せ!

成人でも2500万円まで贈与税ゼロの場合も

(写真:jazzman / PIXTA)

家を買うにはどれくらい現金があればいいのか?

いきなり、突然ですいません。まずは男性読者の方にお聞きしたいのですが、自分の親にこんなことを言われたことはありませんか。

「家を構えて一人前」。

男って、一国一城の主になりたがる生き物らしいですね。

でも、私は女性ですし。そもそも「家を買え」って言われても、そんなに安い買い物ではありません。普通の会社勤めの人にとって家を買うというのは、恐らく一生のうちで最も高いお買い物になると思います。

土地が二束三文のような地方で家を構えれば、ある程度、安く上がるとは思うのですが、たとえば都心で家を買おうと思ったら、マンションでも5000万円、6000万円はするでしょう。

そんなのをキャッシュでポンと買えるはずもなく……。

そうなれば、やはり住宅ローンを組む必要があるのですが、家を買おうと思ったら、それなりに多額の借金を抱えなければなりません。その借金を返済できる家計の体力があるかどうかを、まずはしっかり考える必要があります。では「借金を返済できる家計の体力」はどう計れば良いのでしょうか。ひとことで言えば月々の返済額に対して、どの程度、キャッシュを手厚く持っているかで計ります。

次ページ家を買うために必要なものは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。