子どもの教育資金を1500万円貯金する法

「地道に貯める作戦」ではムリがある

大学まで私立なら2000万円?これから教育資金はさらにかかりそう。では効率よく貯めるには?(写真:MM4/imasia)

私が子どもの頃、習い事といえば「習字」と「そろばん」が双璧でした。

これに対して、今は英語とパソコンを習わせるのがはやり。その他、体力づくりということで水泳を習わせたり、ピアノで情操教育をしたり、もう少し大きくなるとお受験のための塾通いをさせたりと、大人顔負けのハードスケジュールをこなしている子どもも少なくありません。

大学までで、「1人2000万円」もかかる!?

皆さん、教育資金って結構、大変じゃありませんか?

私も経験があります。子どもは男の子1人でしたが、これには随分とおカネを掛けました。ベビープールに通ったり、3歳までは英語も習わせたりしました。幼稚園に入ってからは公文に通うようになり、小学校からは塾通い。中、高、大の私立一貫校に入学させました。

正確に計算したことはないのですが、全部合わせると、まあ2000万円コースというところでしょうか。

ちなみにこれ、1人分です。もし子どもが2人いて、同じコースを歩んだとしたら、合計で4000万円。家が買えます。

私自身がこんな感じで子どもの教育におカネを掛けてきましたから、今、まさに子どもの教育真最中の親御さんに、「おカネなんて掛けなくたって、子どもは育てられますよ」などとは、もちろん言えません。

次ページこれから教育費はさらに上がる!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。