家を買うなら、親のスネをかじり倒せ!

成人でも2500万円まで贈与税ゼロの場合も

できれば、月々の返済額に対して、1年分くらいの現金は持っておきたいところです。もし月々の返済額が15万円であれば、180万円になります。なぜ、それだけの余裕資金を持っておく必要があるのかというと、会社を辞めることになったり、病気で長期間寝込んだりした場合、通常の生活に戻るまで、最低でも1年程度の余裕は見ておきたいからです。

このように考えると、家を買うにはかなりの初期費用がかかるのが分かります。

まず頭金が必要です。よく言われることですが、できれば物件価格の2割程度は、頭金として入れたいところです。

最近は「頭金ゼロ円で」といった宣伝文句でマンションを買わせようとするデベロッパーもいますが、こんな口車に乗せられてはいけません。頭金なしで家を買うほど危険な行為はないのです。月々の返済負担は着実に重くなるのですから。

今は、親の時代とは経済環境がまったく違う

その他に引っ越し代、新しい家具の購入費、各種諸経費があり、それに1年間は返済に窮しないだけの余裕資金が必要になりますから、かなりの金額になります。家計にとっても、かなりの負担です。

「でも、自分の親がちゃんと家を構えられたのだから、自分だってできるはず」となんとなく思っている人。その考え方は間違っていると思いますよ。だって、あなたの親とあなたとでは、生きている経済環境が全く違うのですから。

あなたのお父さんが今70歳で、30歳の時に家を買ったとすると、今から40年前ですから1975年です。日本経済はオイルショック直後とはいうものの、まだまだ成長期にあり、お給料も右肩上がりで増えていたはずです。

物価も緩やかに上昇していたので、多少の住宅ローンを抱えていたとしても、それほど返済には困らなかったでしょう。恐らく、家を買うにあたっては、働いている会社からも手厚い住宅手当が出ていたかも知れません。

でも、今の時代はお給料も増えにくい状況ですし、何よりも定年まで働けるという保証が、どこにもありません。

もちろん、共働きであれば話は変わってきますが、それでもいきなりリストラされることもありますし、上場企業でさえ倒産するのが珍しくない時代です。

次ページそれでも家を買うなら、どうすれば良い?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。