プラダやD&Gと同様にひどい大炎上ワースト5

人種差別意識はいまだに根強く残っている

配慮に欠けた表現が、またたくまに燃え広がる時代だ(写真:adam121/PIXTA)

イタリアのファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ」(D&G)が今年11月、中国で起こした大炎上事件。もともとは上海で実施予定のファッションショーに先駆けて公開した動画だった。公式のインスタグラムで、中国人女性とおぼしき人物が、お箸でピザを食べる様子を流した。そこで小炎上。

やめておけばいいのに、D&Gのデザイナーが、インスタグラムのメッセージ機能を使って中国のことを悪く言った。まさか、そのメッセージのやりとりが公開されるとは思わなかっただろう。結果、ショー出演者のボイコット、ショー自体の中止、責任者の謝罪、などが起きた。

イタリアの高級ブランド、プラダも今月、新しくつくった「赤く分厚い唇に黒い肌」のキャラクターが「黒人差別だ」との批判を受け、謝罪や新製品に撤去に追い込まれた。

しかし、これはSNSなどを中心としたネット空間でただちに情報が駆け巡る時代の、ほんの一例にすぎない。日本では言語の関係で、あまり報じられていないものがあるが、2018年を振り返り、世界中の企業が起こした「炎上集」を取り上げてみたい。

炎上は続くよ、どこまでも

(1) H&Mいまさらの人種差別商品

H&Mが発売した子ども向けスウェットが炎上した。そのスウェットのモデルは黒人少年だ。カラーは3色あり、モデルの子は緑色を着ていた。そこにプリントされていたのは「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE」(最高にクールなジャングルの猿)だった。

おそらく問題は、これに携わったスタッフが、誰一人として、この人種差別的な内容に気づかなかったことに違いない。企画して、生産して、撮影のときには黒人の子どもを用意して、さらにウェブサイトに載せる、という一連の作業のなかで、それがスルーされてきた。きっとアフリカ系の社員もいただろうに。

もしかすると、猿には愛らしいイメージしかなく、むしろよい意味で使っていたのかもしれない。しかし、結果を見ても、あまりに配慮がなかったように思う。

有名人たちからの批判も相次ぎ、H&Mは黒人の子のモデル写真を削除した。一連の画像にもしご興味があれば「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE H&M」と検索すれば見られる。

次ページ中国でアウディのCMが女性蔑視だと大騒ぎに
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。