東芝「ダイナブック」斬新じゃない戦略の勝算

シャープとの連携で何が変わるのか

12月3日に中期経営計画説明会を開催したシャープ副社長で東芝クライアントソリューション会長の石田佳久氏(左)と東芝クライアントソリューション・社長兼CEOの覚道清文氏(筆者撮影)

「現時点で具体的な答えを持っているわけではない」

シャープ副社長で、10月に東芝クライアントソリューション会長に就任していた石田佳久氏は、そのように認めながらも一方で、同社を3年後に上場させる中期経営計画を発表した。

今年度こそ引き続きの赤字を計上するものの、2019年度には黒字転換。2020年度には現状の2倍に相当する売上高3400億円、営業利益70億円を目指すという。

しかし、本当に成長の見通しが立っているのか――。

「TOSHIBA」ロゴの入ったパソコンは消える

12月3日の会見で石田会長は「(東芝本体から切り離された)2016年以降、不採算事業を整理・縮小して均衡を保つことを目指してきた東芝クライアントソリューションだが、地力はある。シャープが取り組んでいるAIoT(AIとIoTを組み合わせた戦略)戦略や付随するネットワークサービス、それにシャープが持つ海外の営業拠点などを組み合わせることで成長できる」と話したが、具体的な成長戦略の明言は避けた。

今年10月、シャープが同社の約80%の株式をおよそ40億円で取得したばかり。「(シャープによる買収以来の話し合いの中で)他社にはない優位性、ユニークな価値があると"彼らは話している"」というコメントになるのは致し方ないところだろう。

「8割の株式をシャープが保有しながら東芝の名を冠するのは不自然」(石田会長)として、2019年1月1日からは日本国内でブランド展開していた「Dynabook株式会社」に社名を変更する。

かつて世界を席巻した「TOSHIBA」ロゴの入ったパソコンは市場から消えることになるが、事業環境は厳しく、まさに“ゼロ”からの再出発と言っていいだろう。

2007年、東芝はグローバルで1270万台のノートPCを販売してシェア9%を誇っていたが、それから10年後の2017年、東芝クライアントソリューションが販売したパソコンは、わずか180万台にすぎなかった。2億5940万台(IDC調べ)というグローバル市場の中にあって台数シェアは0.6%にも満たない。

では、“他社にはない優位性”“ユニークな価値”とはどのようなものなのだろうか。

次ページ事業整理を続けた結果…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。