東芝、「Nextプラン」に見る経営と現場の距離

2つのリスク案件を処理も、何かが足りない

「東芝Nextプラン」を発表する車谷暢昭会長CEO。「世界有数のCPSテクノロジー企業」を目指すという(撮影:尾形文繁)

近年の経営危機をひとまず乗り越えた東芝。再出発を期す、中期経営計画「東芝Nextプラン」と第2四半期決算の説明会が11月8日、六本木の高級ホテル、グランドハイアット東京のきらびやかな宴会場で行われた。

なぜいつもの浜松町の本社ビル39階の大会議室ではないのか--。車谷暢昭会長CEOに尋ねた。車谷会長は「大きな会場がいいという広報の判断。ここになったのはほかの予約が取れなかったから」と答えた。

経費削減の大号令の中、高級ホテルでの発表

Nextプランでも決算でもなく、さまつな会場の話題から記事を始めたのには理由がある。

東芝は経営立て直しのために全社を挙げて経費削減の号令がかかっている。そうした中での高級ホテルでの説明会開催に対し、事前に何人もの従業員からのこんな声を聞いていたからだ。

「謝罪会見のイメージがある本社を会長が嫌ってホテルを探させた」

「現場には経費削減を要求しているのに……」

三井住友銀行出身の車谷会長は、今年4月に東芝のトップについた。東芝は過去、経営危機に陥った時、石坂泰三氏、土光敏夫氏と外部の辣腕経営者の活躍で窮地を脱してきた。それだけに当初は車谷会長に対する期待は社内でも多かった。しかし、半年以上経過した今、冷めた感想を聞くことが増えていた。

次ページどんな声が増えているのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT