東芝、「Nextプラン」に見る経営と現場の距離

2つのリスク案件を処理も、何かが足りない

「東芝Nextプラン」を発表する車谷暢昭会長CEO。「世界有数のCPSテクノロジー企業」を目指すという(撮影:尾形文繁)

近年の経営危機をひとまず乗り越えた東芝。再出発を期す、中期経営計画「東芝Nextプラン」と第2四半期決算の説明会が11月8日、六本木の高級ホテル、グランドハイアット東京のきらびやかな宴会場で行われた。

なぜいつもの浜松町の本社ビル39階の大会議室ではないのか--。車谷暢昭会長CEOに尋ねた。車谷会長は「大きな会場がいいという広報の判断。ここになったのはほかの予約が取れなかったから」と答えた。

経費削減の大号令の中、高級ホテルでの発表

Nextプランでも決算でもなく、さまつな会場の話題から記事を始めたのには理由がある。

東芝は経営立て直しのために全社を挙げて経費削減の号令がかかっている。そうした中での高級ホテルでの説明会開催に対し、事前に何人もの従業員からのこんな声を聞いていたからだ。

「謝罪会見のイメージがある本社を会長が嫌ってホテルを探させた」

「現場には経費削減を要求しているのに……」

三井住友銀行出身の車谷会長は、今年4月に東芝のトップについた。東芝は過去、経営危機に陥った時、石坂泰三氏、土光敏夫氏と外部の辣腕経営者の活躍で窮地を脱してきた。それだけに当初は車谷会長に対する期待は社内でも多かった。しかし、半年以上経過した今、冷めた感想を聞くことが増えていた。

次ページどんな声が増えているのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。