新型MacBookAir、「8年ぶり全面刷新」の衝撃

iPadProの新製品も登場、買うならどっち?

10月30日、アップルはブルックリンで3つの新製品を発表した。写真は新しいiPad Pro(筆者撮影)

10月30日、アップルはニューヨーク州ブルックリンの音楽ホール「Brooklyn Academy of Music」で3つの新製品を発表した。

アップルは毎年、年末商戦を控えるこの時期にMacやiPadの新製品を発表することがあるが、今回のようにグローバルイベントとして各国からプレスを集めてのイベントは珍しい。言い換えれば、それだけ同社の成長にとって大きな期待をかけたチャレンジとも言えるだろう。

アップルが発表したのは、長い間、刷新が行われてこなかったMacBook AirとMac miniと、iPadの適応範囲をクリエイティビティや生産性向上といった領域に拡げたiPad Proの計3シリーズ。それぞれにフルモデルチェンジしている。本リポートでは、その詳細を速報する。

もっとも愛されてきたMacが8年ぶりの刷新

現在も販売中の第2世代といえるMacBook Airの設計は、実に2010年にまで遡る古いものだ。故スティーブ・ジョブズ氏が書類封筒から取り出すパフォーマンスで発表された初代機を刷新したのが2010年10月20日のことだった。

8年ぶりに刷新されたMacBook Air。見た目は13.3インチに拡大されたMacBookだが、インターフェイスやスピーカーなどは大きく強化されている(筆者撮影)

基本的な構造を8年変えずに販売されてきたMacBook Airは、シリーズ中、もっとも購入しやすい価格であったこともあり、学生や個人で仕事をするビジネスパースンに愛されてきた。イベントの公演に登壇したCEOのティム・クック氏はMacBook Airを「もっとも愛されてきたMac」と紹介している。

しかし長らく基本構造やディスプレイを変更してこなかったことによる弱点も多かった。他のアップル製品が備えている希望、言い換えればアップル製品に期待される機能がか欠けている状態が続いてきた。

次ページ何が欠けていたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT