新型iPadProを使うと他が使えなくなる理由

10.5インチモデルの実機を詳細レビュー

iPad Pro 10.5インチモデル(6万9800円~)の実機をリポートする(筆者撮影)

アップルは米国時間6月5日、米国カリフォルニア州サンノゼで開催したプライベートカンファレンス「WWDC 2017」の基調講演で、新型iPad Proの発表を行った。このうち、iPad Pro 10.5インチモデルの貸し出しを受けたので、早速レビューしていきたい。

iPadは長らく、登場以来貫いてきた9.7インチというディスプレーサイズが最も人気を集めるスタンダードモデルだった。

しかしそのオリジナルのサイズは、2017年3月に発売した最も価格の安いiPad(第5世代)に引き継がれ、iPad Proシリーズはディスプレーサイズを拡大し、10.5インチとなった。

画面のサイズが大きくなれば、デバイスのサイズも大きくなる。画面が大半を占めるタブレットというデバイスの常識だが、iPad Proでは、ディスプレーのフチの余白部分を最小限に小さくしたことで、これまでの9.7インチモデルと比較し、デバイス自体のサイズ拡大はほんのわずか。余白が少ない分、ぎゅっと締まった印象を与える点も、10.5インチモデルの魅力となった。

新技術「ProMotion」がもたらすもの

メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」創刊!詳細はこちら

iPad Pro 10.5インチに触れて、非常に驚いたのは、ディスプレーの表示だ。これまでもiPad Proでは、非常に明るく、よりたくさんの色数を表示する高精細Retinaディスプレーを搭載してきた。しかし今回のRetinaディスプレーには「ProMotion」と呼ばれる新しい技術が導入された。

このProMotionは、一目見るだけでその違いに気づき、今までのディスプレーを不快に感じさせるほどの変化をもたらしてくれる。

ProMotionでは、以前までのディスプレーのリフレッシュレート60Hzの倍の、120Hzを実現した。リフレッシュレートとは、1秒間に何回ディスプレーを書き換えられるか、という頻度を表す数字で、数字が大きいほど、より細かく書き換えられるということだ。

60Hzから120Hzになったディスプレーで最もわかりやすいメリットが、日常、最も頻度が高い作業に表れていた。それは、ウェブブラウザでのページのスクロールだ。

次ページほかのディスプレーが不快に感じる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT