新型iPadProを使うと他が使えなくなる理由

10.5インチモデルの実機を詳細レビュー

ディスプレーのフチの余白部分を最小限に小さくしたiPad Pro(筆者撮影)

ProMotion搭載のiPad Proでウェブページをスクロールさせても、非常に滑らかかつ、くっきりとした文字や写真表示のまま、上下に流れていく。ちらつきや、スクロール中に文字が崩れる感覚もなくなるのだ。

ProMotionを備えたiPad Proを見てから、ほかのディスプレーを見ると、そのちらつきが気になるようになってしまい、自分の中での画面表示のスタンダードが引き上げられてしまったことに気づいた。

Apple Pencilの書き味も向上

Apple Pencilはの反応速度が20ミリ秒まで向上した(筆者撮影)

ProMotionは、つねに高いリフレッシュレートを提供しているわけではなく、写真を表示しているとき、毎秒24フレームの映画を見ているとき、ウェブサイトをスクロールしているとき、などの状況に応じて、リフレッシュレートを可変させ、消費電力を抑える配慮も行われている。

iPad Pro 10.5インチモデルで面白い点は、ディスプレーの性能を引き上げたことで、iPad Pro専用デジタルペン「Apple Pencil」の性能まで上がったというのだ。

Apple Pencilは、2015年9月に発表された製品がそのまま継続して販売されている。しかしProMotion搭載のiPad Proと組み合わせることで、反応速度が20ミリ秒まで向上し、書いた瞬間から線が表示される、より自然な書き味を実現したのだ。

9.7インチモデル(手前)と比較しても、本体サイズはそれほど変わらない(筆者撮影)

Apple Pencilに対する画面上のセンサーは240Hzで動作しているという。しかしそれまでのディスプレーは60Hzであり、Apple Pencilでは、入力4回に1回の頻度でしか描画できなかった。しかしProMotion搭載のiPad Proでは、これが2回に1回の頻度に向上し、反応速度が高まったのだ。

iPad Pro 10.5インチモデルは、よりApple Pencilを使いたくなるタブレットになった。自然な書き味を追究した点ももちろんだが、もうひとつの理由はアクセサリにある。

次ページiPad ProとApple Pencilをまとめて持ち運べる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT