iPhone利用者が今AirPodsを予約すべき理由

Siriが進化してAirPodsが必須になる可能性

いまApple Storeで注文しても、届くのは7月という「AirPods」税別1万6800円(筆者撮影)

左右独立型Bluetoothイヤホン「AirPods」は2016年9月の発表から、発売が大幅に遅れ、しかもその出荷台数が限られていた。そのため、注文してから手元に届くまでに2カ月近くを必要とするような状況が続いてきた。現在は多少改善しているが、それでも2017年5月時点でオンラインのApple Storeでの納期は6週間と表示されている。

入手困難な状態が続いている。しかし、もし読者のみなさんが今後もiPhoneを使い続けるつもりならば、AirPodsは今のうちに予約しておいたほうがいいかもしれない。今後ますますiPhoneのユーザー体験を構成する重要なツールになることが予想され、さらに入手困難度が高まるかもしれないからだ。

その理由はスマートフォンにおける「音声アシスタント機能」(会話型人工知能)の躍進にある。

グーグルの音声アシスタントがiPhoneでも

グーグルは、5月17~19日、米国カリフォルニア州マウンテンビューで開発者会議「Google I/O」を開催。その場で、最新のAndroid OSやVR(仮想現実)プラットホーム、カメラを用いて情報検索やアクションを行うGoogle Lensなどの最新サービスを披露した。

その中には、音声アシスタント「Googleアシスタント」も含まれていた。すでに米国で発売済みのGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「Google Home」が、音声通話機能やBluetoothスピーカー機能などを追加したうえで、日本を含む数カ国で年内にも発売の予定だ。

注目スべきは、GoogleアシスタントのiOSアプリがリリースされたこと。これによって、iPhoneユーザーもグーグルの音声アシスタントを利用できるようになった。

Googleアシスタントは、現時点では競合から頭一つ抜け出しており、強い競争力を持っている。グーグルが培ってきた検索技術や深層学習、知識グラフなどの技術を、声によって利用できるツールとして仕上がっており、われわれが検索でわかることなら、何でも声で尋ねることができる。

音声アシスタントの世界では現在、Amazon Echoに搭載されているAlexa(アレクサ)が最も人気があり、開発者によるアプリ開発も盛んだ。しかし実際に比べてみると、購入初日からの実用性の高さではGoogle Homeが大幅に上回っている。その勝因はGoogleアシスタントの性能の高さにある。

一方でアップルの「Siri」はどうか。

次ページアップルの「Siri」は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT