iPhone利用者が今AirPodsを予約すべき理由

Siriが進化してAirPodsが必須になる可能性

アップルは2011年に音声アシスタント「Siri」を発表し、これまでにiPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、そしてMacで利用できるように整備してきた。そのため音声アシスタントとしての知名度は高いのだが、Alexaと同様、Googleアシスタントに比べると、日常的な実用性の面では劣る。

そうした状況の中で、iPhoneで利用できる「Googleアシスタント」アプリの登場は、アップルにとって、大きな脅威とプレッシャーといえるだろう。アマゾンとグーグルによる声を使ったコンピューティングは、大きな流れとして今後拡大していく「トレンド」となっているからだ。

アップルはすでにiOSとmacOSの多くのデバイスで音声コントロールに対応しているが、前述のとおり、Googleアシスタントと比較すると、正直なところ「何もできない」状態に等しい。

Siriを活用できるのは非常に限られたOS内蔵の機能やアプリにとどまっており、あらゆるiPhoneユーザーが日常的に使用する機能とはなっていない。こうした状況のまま「音声アシスタント」がコンピュータやスマートデバイスの未来のトレンドになることは、アップルやiPhoneにとって脅威となる。

GoogleアシスタントをiPhoneに導入すれば、多くの人は、その賢さをiPhoneの上でも体験することになる。と同時に、不便さも感じるだろう。Siriはホームボタンを長押ししたり、「Hey Siri」と呼びかければすぐに起動できるが、Googleアシスタントは、アプリを立ち上げなければ利用できないのだ。

Siriの劇的な進化が必要に

もし人々がGoogleアシスタントを気に入り、それをもっと便利に使いたいと思えば、iPhoneからAndroidスマートフォンへと乗り換えるきっかけを与えることになる。このことは、現在iPhoneが維持している高い顧客満足度と、他社機種からの高い買い換え意向に傷をつける結果を招く。

アップルは、トレンド入りしている音声アシスタントに対して、Siriの劇的な進化によって対応を急がなければならないわけだ。今、そんな局面に立たされている。

ではSiriは今後、どのように進化するのだろうか。

現在のSiriのさまざまな機能を試した結果、筆者の生活の中で定着した機能は次の通りだ。

・タイマー計測やアラーム設定
・四則計算
・単位換算
・部屋の電球のコントロール
・Apple Watchでエクササイズを開始
・自宅への経路検索

次ページこの現状をどのように発展させていくのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。