新iPhone、「7S」じゃなく「8」になりそうなワケ ワイヤレス充電のためにデザインを大幅変更

拡大
縮小
iPhone 7のジェットブラック(左)とiPhone 7 Plusのブラック(右)。次の機種にも注目が集まる(写真:松村太郎)

少々気の早い今の時期に、毎年のようにアップル新型iPhoneの話題が出始めるのは、例年通りのスケジュール(9月発売)であれば、年末商戦に投入する新製品の試作が本格化するためだろう。

2年に1度は大幅にシャシーの機構設計を大幅に変更してきたアップルだが、iPhone 6/6Sに続いたiPhone 7では6シリーズの構造をほぼ踏襲。今年に入ってからはProduct REDモデルの追加、iPhone SEのリファインモデル投入など、以前とは異なる手法でラインナップを整えている。

7Sではなく8になる?

そうした中、今年の新型iPhoneはiPhone 7を強化しただけのiPhone 7Sではなく、機構設計も含めてメジャーアップデートを施したiPhone 8になるとの予想が多い。なぜならば、漏れ伝わる新機能がデザインの大幅な変更を示唆しているからだ。

ハードウェア面で多くのアップデートが施されるとみられるiPhone 8だが、中でも確実視されているのがカメラ機能の強化とワイヤレス充電。ワイヤレス充電はiPhone 7の際にも噂されていたが、実際には搭載されなかった。こうした噂はアップル内部からよりも、サプライヤーの周辺企業の動きから推察できることが多い。おそらく昨年から準備を進めていた将来機種でのワイヤレス充電機能搭載に向けた研究開発が、iPhone 7向けの新機能として噂されていたのだろう。

実際、このゴールデンウィーク前にはiPhone 8の機構設計を元にしていると考えられる透視図が複数のルートから流出。すべて同じ画像のため流出の大元は同じと考えられるが、ワイヤレス充電機能を実現するためのアンテナが収まるとおぼしきスペースの輪郭が確認されている。

次ページ電磁誘導ワイヤレス充電を搭載か
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT