iPhoneは「隠れ機能」で効率をアップできる

「タブ」や「通知」をまとめて消去

普通に使っていると気づきにくい、iPhoneの操作を快適にするショートカットが存在する(筆者撮影)

直感的に操作できることを売りにしていたiPhoneだが、「iOS 7」でフラットデザインを採用して以降、画面内の表示が抽象化され、どこにどんな機能があるのかが一目ではわかりづらくなっている。米国で発売された初代iPhoneからはすでに10年が経過しており、その間に追加された新機能も膨大な数に上る。ひととおりの操作を簡単に行えることは確かだが、教えられるまで、気づかない機能もあるはずだ。以前のiPhoneの常識を引きずったまま、新機能に気づかない人もいるだろう。

一方で、利便性の高いショートカットのような“隠れ機能”を覚えれば、操作の効率化につながる。本来であれば、メニューを開いて該当する機能をタップしなければならなかったような機能を、ロングタップ一発で呼び出せれば、それだけタッチの回数を減らせるため、スムーズに感じられるだろう。特に、頻繁に利用するSafariや通知センター、文字入力などでこうした裏技を覚えておけば、快適さも増すはずだ。そこで今回は、普通に使っていると気づきにくい、iPhoneの操作を快適にするショートカットをはじめとする機能を、裏技として紹介していく。

1.PC表示への切り替えやタブの消去を一発で行う

この連載の一覧はこちら

スマートフォンが普及した結果、多くのサイトが、その画面サイズに合わせた表示形式を導入している。パソコン向けのサイトをそのまま表示すると、文字や写真が小さくなってしまううえに、拡大・縮小を繰り返さなければ見づらいためだ。こうしたサイトでは、ほとんどの場合、縦にフリックしていくだけで必要な情報を集められる。片手操作でも、スムーズに情報を閲覧できるというわけだ。

一方で、パソコン向けのサイトをスマートフォンの画面サイズに合わせると、どうしても情報の取捨選択が必要になってくる。もともと横長で、かつ10~20インチの大画面に合わせて作られているウェブサイトを、5インチ前後で読みやすく表示しようとすると、重要度の低い情報はメニューを作ってまとめたり、カットしなければならない。そのため、パソコンで使っていた機能に、アクセスしづらいという問題が生じる。

次ページこのようなときに活用したいのが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT