詳報!新型iPadProは「魔法の仕事道具」だ

「両手の指」でアプリをまたぐ操作が可能に

6月5日の基調講演ではアップルのCEO(最高経営責任者)、ティム・クック氏も登壇(著者撮影)

アップルの世界開発者会議「WWDC 2017」が6月5日(米国時間)に開幕した(6月9日までの日程)。今年はサンフランシスコからサンノゼへと会場を移し、5300人の参加者が75カ国から集まった。

初日の朝に行われた基調講演では、アップルのソフトウエアの刷新を中心として、6つのアナウンスが行われた。簡単にまとめると以下の通りだ。

6つのアナウンスとは?

1)tvOS 11発表。今年後半からApple TVでのAmazonビデオのサポート

メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」が創刊しました。6月9日号ではWWDCの詳細リポートをお届けします。お申込みはこちら

2)watchOS 4発表。Siriを活用した文字盤の追加や、ジムのマシンとの連携が発表された

3)macOS High Sierra発表。MacBook、MacBook Proの刷新、iMacの刷新、iMac Proの発表。

4)iOS 11発表。機械学習や拡張現実(AR)環境への対応を強化

5)iPad Pro 10.5インチモデル発表。12.9インチモデルを刷新

6)HomePod発表。Siriを利用するスマートスピーカーとして米国・英国・豪州で12月に発売

今回発表された4つのOSは、開発者向けに当日からプレビュー版の配信が始まり、6月下旬からは登録したユーザーに対してパブリックプレビューが配信される。また、正式版は秋に配信され、無料でアップグレード可能だ。

アップルは今回の発表を通じて、開発者にSiriや機械学習、AR(拡張現実)を活用したアプリの開発を促進させる狙いが透けて見える。テクノロジー業界の巨人、グーグル、アマゾン、フェイスブックが積極的に取り組む分野であり、アップルも当然研究開発を進めていたが、アップルは自身が提案するだけでなく、WWDCに集まる開発者に対して、こうしたテクノロジーを活用するよう呼びかけた。

アップルはiPhone向けにApp Storeを開設して以来、開発者のアイデアによる魅力的なアプリを、iPhoneの魅力として活用してきた。WWDC 2017でも、引き続き、アップルが開発者とともに歩む姿勢を強調した。

次ページ新しいハードウエアも発表された
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。