詳報!新型iPadProは「魔法の仕事道具」だ

「両手の指」でアプリをまたぐ操作が可能に

6月5日の基調講演ではアップルのCEO(最高経営責任者)、ティム・クック氏も登壇(著者撮影)

アップルの世界開発者会議「WWDC 2017」が6月5日(米国時間)に開幕した(6月9日までの日程)。今年はサンフランシスコからサンノゼへと会場を移し、5300人の参加者が75カ国から集まった。

初日の朝に行われた基調講演では、アップルのソフトウエアの刷新を中心として、6つのアナウンスが行われた。簡単にまとめると以下の通りだ。

6つのアナウンスとは?

1)tvOS 11発表。今年後半からApple TVでのAmazonビデオのサポート

メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」が創刊しました。6月9日号ではWWDCの詳細リポートをお届けします。お申込みはこちら

2)watchOS 4発表。Siriを活用した文字盤の追加や、ジムのマシンとの連携が発表された

3)macOS High Sierra発表。MacBook、MacBook Proの刷新、iMacの刷新、iMac Proの発表。

4)iOS 11発表。機械学習や拡張現実(AR)環境への対応を強化

5)iPad Pro 10.5インチモデル発表。12.9インチモデルを刷新

6)HomePod発表。Siriを利用するスマートスピーカーとして米国・英国・豪州で12月に発売

今回発表された4つのOSは、開発者向けに当日からプレビュー版の配信が始まり、6月下旬からは登録したユーザーに対してパブリックプレビューが配信される。また、正式版は秋に配信され、無料でアップグレード可能だ。

アップルは今回の発表を通じて、開発者にSiriや機械学習、AR(拡張現実)を活用したアプリの開発を促進させる狙いが透けて見える。テクノロジー業界の巨人、グーグル、アマゾン、フェイスブックが積極的に取り組む分野であり、アップルも当然研究開発を進めていたが、アップルは自身が提案するだけでなく、WWDCに集まる開発者に対して、こうしたテクノロジーを活用するよう呼びかけた。

アップルはiPhone向けにApp Storeを開設して以来、開発者のアイデアによる魅力的なアプリを、iPhoneの魅力として活用してきた。WWDC 2017でも、引き続き、アップルが開発者とともに歩む姿勢を強調した。

次ページ新しいハードウエアも発表された
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT