新型MacBookAir、「8年ぶり全面刷新」の衝撃

iPadProの新製品も登場、買うならどっち?

ただしIntel UHD Graphics 617とされる内蔵GPUから考えると、薄型ノートPC用の”Uシリーズ”と言われるプロセッサではなく、より省電力性を重視した”Yシリーズ”と呼ばれるプロセッサだと考えられる。動作周波数や内蔵GPUの性能は異なるが、カテゴリだけで言えばMacBookに使われているものの高速版ということになるだろう。

いずれこのプロセッサのパフォーマンスは明らかになっていくだろうが、ことのころウィンドウズ用薄型ノートPCに搭載されることが多いコードネームで「Whiskey Lake」呼ばれてきたUシリーズの4コアプロセッサではなく、デュアルコアのYシリーズプロセッサを搭載してきたところに、アップルのこのジャンル(モバイル性を重視した薄型ノートPC)に対するバランス感覚を読み取れるように思う。

MacBook Airは内蔵するフラッシュストレージの容量(128ギガバイトと256ギガバイト)で2つのモデルに別れているが、これはMacBookの256ギガバイトと512ギガバイトと比べるとそれぞれ半分である。ここ数年のMacBook Airシリーズは価格の安さから学生に支持されてきた背景もあるため、より価格コンシャスなモデル構成としたのだろう。

なお、従来モデルのMacBook Airも低価格モデルとしてカタログ上には残る。ただし、オプションによる選択肢はMacBook Airの方が広く、最大で1.5Tバイトまでのフラッシュストレージを選択できる。

と、ここまでは12インチMacBookの上位モデルのような書き方をしてきたが、詳細に搭載するインターフェイスの能力を見ると、MacBookよりも広い適応範囲を持つことがわかる。

1台だけで完結する可搬性が高いMac

MacBookとMacBook Airはよく似た外観のサイズ違いのようにも見えるが、USB Type-Cコネクタは2ポートに増え、それぞれはThunderbolt 3に対応。USB 3.1 gen2の10Gbps転送に対応し、外部ディスプレイ用として使う場合も5Kディスプレイへの出力が可能など、MacBook Proと同等の仕様になっている。

1.25キロという重さは、超軽量モデルがひしめく国内メーカーのウィンドウズ機と比較すると重い印象も受けるだろうが、100%再生アルミニウムで作ったというボディは、従来と同様に極めて堅牢な作りとなっており、面積が20%も増えたガラス製トラックパッドの操作性も含めて考えれば、決して重いというわけではない。

次ページキーボードも進化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。