新型MacBookAir、「8年ぶり全面刷新」の衝撃

iPadProの新製品も登場、買うならどっち?

ただしIntel UHD Graphics 617とされる内蔵GPUから考えると、薄型ノートPC用の”Uシリーズ”と言われるプロセッサではなく、より省電力性を重視した”Yシリーズ”と呼ばれるプロセッサだと考えられる。動作周波数や内蔵GPUの性能は異なるが、カテゴリだけで言えばMacBookに使われているものの高速版ということになるだろう。

いずれこのプロセッサのパフォーマンスは明らかになっていくだろうが、ことのころウィンドウズ用薄型ノートPCに搭載されることが多いコードネームで「Whiskey Lake」呼ばれてきたUシリーズの4コアプロセッサではなく、デュアルコアのYシリーズプロセッサを搭載してきたところに、アップルのこのジャンル(モバイル性を重視した薄型ノートPC)に対するバランス感覚を読み取れるように思う。

MacBook Airは内蔵するフラッシュストレージの容量(128ギガバイトと256ギガバイト)で2つのモデルに別れているが、これはMacBookの256ギガバイトと512ギガバイトと比べるとそれぞれ半分である。ここ数年のMacBook Airシリーズは価格の安さから学生に支持されてきた背景もあるため、より価格コンシャスなモデル構成としたのだろう。

なお、従来モデルのMacBook Airも低価格モデルとしてカタログ上には残る。ただし、オプションによる選択肢はMacBook Airの方が広く、最大で1.5Tバイトまでのフラッシュストレージを選択できる。

と、ここまでは12インチMacBookの上位モデルのような書き方をしてきたが、詳細に搭載するインターフェイスの能力を見ると、MacBookよりも広い適応範囲を持つことがわかる。

1台だけで完結する可搬性が高いMac

MacBookとMacBook Airはよく似た外観のサイズ違いのようにも見えるが、USB Type-Cコネクタは2ポートに増え、それぞれはThunderbolt 3に対応。USB 3.1 gen2の10Gbps転送に対応し、外部ディスプレイ用として使う場合も5Kディスプレイへの出力が可能など、MacBook Proと同等の仕様になっている。

1.25キロという重さは、超軽量モデルがひしめく国内メーカーのウィンドウズ機と比較すると重い印象も受けるだろうが、100%再生アルミニウムで作ったというボディは、従来と同様に極めて堅牢な作りとなっており、面積が20%も増えたガラス製トラックパッドの操作性も含めて考えれば、決して重いというわけではない。

次ページキーボードも進化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。