iPhone XRが廉価版じゃなく「本命」なワケ

アップル幹部のフィル・シラー氏に直撃!

10月26日に発売される「iPhone XR」の6色展開は、iPhone X世代の普及という転機を作り出そうとしているアップルの気迫が感じられる。写真は9月21日のアップルスペシャルイベントにて(筆者撮影)

アップルは9月12日に発表したiPhoneの新機種のうち、「iPhone XS(テンエス)」「iPhone XS Max(テンエスマックス)」を9月21日に発売した。そして残る1モデル「iPhone XR(テンアール)」を10月26日に発売する。iPhone XRが2018年のiPhoneの本命と目されている理由は、その価格にある。

iPhone XSは11万2800円(税抜き)~という高価格を維持し、デュアルカメラやエレガントなゴールドカラーを用意するなど、ハイエンドモデルらしい演出が目立つ。さらに画面を拡大したiPhone XS Maxは12万4800円~、512GBモデルは16万4800円と税込価格で17万円を上回る。

一方iPhone XRは8万4800円~と、64GBで唯一10万円を下回る価格設定となった。しかし、注目の理由はそれだけではなかった。

今回、iPhone XR発売に際し、アップルでワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるフィル・シラー氏にインタビューを行った。iPhone XRに込める思いと、その意味に迫る。

ディスプレーには苦労が詰まっていた

iPhone XRは、2017年に“新世代iPhoneのコンセプト”として発売されたiPhone Xのデザインと技術的要素を引き継ぐ存在だ。フィル・シラー氏は「iPhone X(テン)ファミリー」という呼び方をしたが、「iPhone Xファミリーのトップのテクノロジーを、より多くの人々に届けること」がiPhone XRのミッションだったと語る。

すなわち、顔認証のFace IDを実現するTrueDepthカメラ、iPhone XSと同じ新世代の広角カメラ、縁まで敷き詰められたオールスクリーンディスプレー、そして6.1インチという大画面、ビールやワインをこぼしても問題ないというIP67防塵防水性能、そして秒間5兆回もの機械学習処理が可能な低消費電力を売りとするA12 Bionicチップの搭載がそれに当たる。

その一方で、価格を抑えるために、品質を落とさず細かくコストダウンを図っていた。

たとえば、フレームはステンレスではなくアルミニウムが採用された。それでもiPhoneではおなじみとなった航空宇宙技術に用いられる7000シリーズアルミニウムを採用した。また画面の感圧センサーも省かれた。

最も大きな違いは、有機ELディスプレーではなく、液晶ディスプレーを採用した点だ。それでも、iPhone Xファミリーのアイデンティティを維持すべく、工夫が凝らしてある。

次ページ苦労した点は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT