新iPhone「ゴールドXS Max」の異次元迫力

フラッグシップモデルの実力とは?

「iPhone XS」(左)と「iPhone XS Max」(写真:ロイター)

9月12日、アップルはiPhoneとApple Watchの新製品を披露した。本稿では、このうちiPhone史上最大の画面サイズを誇るフラッグシップモデル、iPhone XS Max(テンエス・マックス)について解説をしたい。

ゴールド・オプションの意味

今回、9to5mac等で事前のリークがあったとおり、iPhone XS Maxの名称が与えられ、ゴールドが用意された。

正式発表前のリークでこのMax(マックス)という名前を耳にしたとき、筆者は語感が強すぎる点でアップルらしからぬ"接尾語"と感じたのだが、この名称は、画面サイズと体験を最大限に楽しめるマーケティング上のわかりやすさから名付けられたという。

ゴールドカラーはiPhone XS、iPhone XS Maxのみ(筆者撮影)

なお、液晶ディスプレイモデルのiPhone XRにはゴールドが設定されておらず、ゴールドカラーはiPhone XS、iPhone XS Maxのみの特別カラーということになる。

ゴールドカラーは2017年のiPhone 8シリーズに与えられた、ややピンクがかったゴールドや、それ以前の色味と異なり、渋く輝く落ち着いた金色となっている。金色に染められたステンレススチールはApple Watchにも用意されており、コーディネートも可能だ。

もしiPhone 8シリーズのゴールドが自分の趣味には合わないと感じていた人でも、iPhone XSシリーズのゴールドを店頭で確かめてみると良いだろう。

次ページ豪勢なディスプレイとコンパクトなボディ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT