新iPhone、価格発表の瞬間に凍りついたワケ

その瞬間、発表会場は静まり返った

9月12日開催された特別イベントに登壇し、新しいiPhoneシリーズについて説明するアップルのティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日に特別イベントを開催し、iPhoneの2018年モデルを披露した。昨年9月と同様、3つのモデルが登場したが、今年は全てのモデルが全画面デザインと顔認証を採用するモデルとなった。

アップルのティム・クックCEOにクリッカー(プレゼンテーションのスライドをコントロールするリモコン)を手渡すオープニングムービーは、供用が開始されたApple Parkを案内するような構成となっていたのが印象的だった。

冒頭では「最もパーソナルな製品を2つ紹介する」として、Apple Watchの新製品の紹介から始まった。

Apple Watchは「健康」から「医療」「安全」へ

Apple Watchは2015年4月の発売以来、毎年新モデルをリリースしてきた。2018年は4作目となるApple Watch Series 4が登場した。今回は、内部だけでなく、デザインそのものも刷新されたフルモデルチェンジとなる。

これまで、画面サイズ38ミリ、42ミリの2サイズで構成されてきたが、Apple Watch Series 4ではそれぞれ40ミリ、44ミリにサイズが拡大された。

表示画面サイズがグンと大きくなった(写真:アップルのホームページより)

これまでのApple Watchのイメージを保ちつつも、より緩やかな曲線が強調され、有機ELディスプレイのサイズは40mmでこれまでより35%、44mmで32%も拡大された。ちなみに、サイズ表記は異なるが、いま手元にある38mm用バンドは40mmモデルで、42mm用バンドは44mmでそれぞれそのまま利用することができる。

Apple Watch Series 4は、デザインやサイズの変更以上に、「健康」や「安全」という分野に対して踏み込んだ機能を披露した点が印象的だった。具体的には、心電図(EKG)と、転倒検出機能の搭載だ。

次ページFDAのお墨付き
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT