新iPhone、価格発表の瞬間に凍りついたワケ

その瞬間、発表会場は静まり返った

9月12日開催された特別イベントに登壇し、新しいiPhoneシリーズについて説明するアップルのティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日に特別イベントを開催し、iPhoneの2018年モデルを披露した。昨年9月と同様、3つのモデルが登場したが、今年は全てのモデルが全画面デザインと顔認証を採用するモデルとなった。

アップルのティム・クックCEOにクリッカー(プレゼンテーションのスライドをコントロールするリモコン)を手渡すオープニングムービーは、供用が開始されたApple Parkを案内するような構成となっていたのが印象的だった。

冒頭では「最もパーソナルな製品を2つ紹介する」として、Apple Watchの新製品の紹介から始まった。

Apple Watchは「健康」から「医療」「安全」へ

Apple Watchは2015年4月の発売以来、毎年新モデルをリリースしてきた。2018年は4作目となるApple Watch Series 4が登場した。今回は、内部だけでなく、デザインそのものも刷新されたフルモデルチェンジとなる。

これまで、画面サイズ38ミリ、42ミリの2サイズで構成されてきたが、Apple Watch Series 4ではそれぞれ40ミリ、44ミリにサイズが拡大された。

表示画面サイズがグンと大きくなった(写真:アップルのホームページより)

これまでのApple Watchのイメージを保ちつつも、より緩やかな曲線が強調され、有機ELディスプレイのサイズは40mmでこれまでより35%、44mmで32%も拡大された。ちなみに、サイズ表記は異なるが、いま手元にある38mm用バンドは40mmモデルで、42mm用バンドは44mmでそれぞれそのまま利用することができる。

Apple Watch Series 4は、デザインやサイズの変更以上に、「健康」や「安全」という分野に対して踏み込んだ機能を披露した点が印象的だった。具体的には、心電図(EKG)と、転倒検出機能の搭載だ。

次ページFDAのお墨付き
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。